大阪府立八尾高校ラグビー部OB会のホームページかわちのラガーヘッダー

現役情報

現役の試合情報、練習計画などを掲載しています。

月日・場所
項目
内容
平成30年11月4日(日)
10:00KO
於関大北陽高校
全国大会予選 八尾高校0対135関大北陽高校
下記は東部幹事長のコメント

本日、現役の全国大会予選が行われました。制度が変わってから初めて予選リーグを突破してシード校に挑みました。

八尾 0-135 関大北陽

シード校の実力を見せつけられました。ほとんどアタックする機会もなく、厳しい戦いとなりました。明らかに実力の違いはありましたが、最後まで切れずに立派に戦いました。
3年生にとっては最後の試合となりました。これから勉強頑張りましょう。
1、2年生は、この悔しさ糧にも来年は更なるステップを目指して頑張って下さい。

遠い所にも関わらず、多くのOB、保護者の方に応援に来ていただきました。ありがとうございます。これからも八尾高ラグビー部への支援をお願いします。
平成30年9月23日(日)10:00KO
於八尾高校
全国大会予選リーグ2 八尾高校31対7天王寺高校で勝利でした。

下記は東部幹事長の報告です。

本日、全国大会大阪府予選の予選リーグ第2戦が行われました。
八尾高校 31-7 天王寺高校 で勝利しました。
常に押しぎみに試合を進め、4T 4G 1PG で完勝でした。
ゴールキックも正確で全て成功でした。
時代が変わったとはいえ古豪天王寺からの勝利は嬉しい事です。
次戦はCシード高との対戦です。
八尾高校 vs 関大北陽高校
11/4(日) 10:00キックオフ 於:関大北陽高校(阪急上新庄から7分ぐらい)
平成30年9月16日(日)10:00KO
於八尾高校
全国大会予選リーグ1 八尾高校29対19住吉高校で勝利でした。

下記は東部幹事長の報告です。

八尾高校 28-19 住吉高校 で勝利しました。
押しぎみに試合を進めるも、ミスが多く接戦となり、少しハラハラする展開でした。
次戦は予選リーグ第2戦  八尾高校 vs 天王寺高校  9/23(日) 10:00キックオフ 於:八尾高校 です。 天王寺も住吉に勝利しており、この試合に勝った方が予選リーグ勝ち上がりとなります。
大事な一戦です。時間のある方は是非母校に駆けつけて熱い応援をお願いします。 --
OB会幹事長 東部
平成30年8月2日〜6日 夏合宿 菅平高原イナリールホテルにて、夏合宿を行いました。
平成30年4月22日(日)
11:00〜
於八尾高校
大阪総体決勝リーグ

八尾、高槻、合同H、関西大倉による決勝トーナメントが行われ、見事優勝しました。

下記は東部幹事長より

本日、八尾高校で行われた大阪総体(10人制の部)の決勝リーグで見事優勝しました。

まずは、八尾 10 - 5 高槻 で勝利。
組み合わせの関係で連戦となった第2戦は関西大倉と対戦し、開始早々のトライで先制するも逆転され、5 - 12 で敗戦。

これで駄目かと思われましたが、関西大倉が他校に敗れ、最終の合同H戦に勝てば八尾が、敗れれば高槻が優勝という状況になりました。

合同H戦は先制するも追い付かれ接戦に。前半挙げたトライを守って見事勝利。2勝1敗で高槻と並びましたが、当該チームでの対戦で勝っている八尾が優勝となりました。

10人制とはいえ優勝です。現役にも自信になったことでしょう。応援に来た保護者、OBにとっても素晴らしい日になりました。

現役の皆さま、おめでとう。ありがとう。 -- OB会 東部

平成30年4月15日(日)
於北野高校
大阪総体10人制予選リーグ
現役の春の公式戦(大阪総体)の予選リーグが北野高校で行われました。

八尾はDブロックで天王寺、合同J(清水谷・緑風館)と対戦しました。

まずは 八尾 34 - 0 合同J 6トライ2ゴールで大勝。

約40分後に合同Jに 7-0 で勝っている天王寺と対戦。
八尾 27-0 天王寺 で見事勝利!

来週はいよいよ母校八尾高校で決勝リーグです。たくさんの皆さんの応援をよろしくお願いいたします。 日時:4月22日(日)11時から 場所:八尾高校 決勝リーグ進出は高槻、合同H、関西大倉と八尾です。

(東部幹事長より)

平成30年1月21日
11:00KO
於八尾高校

近畿大会予選(新人戦)
1回戦

八尾高校0対79布施工科高校
で敗戦となりました。
15名ギリギリのメンバーで、前半早々に負傷退場でひとり少ない状態でしたが、それ以上に力の違いがありました。
多くのOBの皆さんに来ていただきました。応援ありがとうございました
(32期東部幹事長より)

原福会長のブログも参照して下さい。

平成29年9月24日
10:00KO
於八尾高校
全国大会予選リーグ 第1地区Aブロック
八尾高校14対19千里高校で敗戦でした。

(下記は東部幹事長のコメント)
本日、現役の全国大会予選の第2戦が母校・八尾高校でありました。
八尾高校 ●14 - 19○ 千里高校
前半 0 - 12 で残念ながら敗戦となりました。
一時は 0 - 19 と点差を開けられましたが、そこから2トライ(2ゴール)で反撃しましたが、僅かに及びませんでした。
これで予選リーグは1勝1敗となりました。
千里は八尾が勝利した合同Gとの対戦を残しており、その結果によっては予選リーグ突破の可能性は残っております。

平成29年9月10日
11:10KO
於淀川工科高等学校

全国大会予選リーグ 第1地区Aブロック
八尾高校44対10合同G(生野、富田林、藤井寺)で勝利でした。

原副会長のブログ
平成29年8月6日〜10日 合宿 菅平高原イナリールホテルにて合宿を行いました

原副会長のブログも参照して下さい。
平成29年4月30日KO12:30於同志社香里 大阪総体予選リーグ3

八尾高校74対12合同F で勝利でした。

●原副会長のブログはこちらから

●下記は東部幹事長のコメントです。

昨日、現役の大阪総体予選リーグの第三試合が同志社香里高校で行われました。

八尾高校 74−12 合同F
     前半 38−5
     後半 36−7

で勝利しました。たくさんの応援、ありがとうございました。
同日に行われた茨木vs関西創価で茨木が勝ったため、関西創価、茨木、八尾が2勝1敗で並びましたが、得失点差により関西創価がシード決定戦に進むことになりました。

更にけが人が出て、現役の諸君は13人で戦いました。試合前は2人少ないことで心配しましたが、始まってみると相手チームも14人。1人少ない状況でしたが、攻守に圧倒しました。先週の茨木戦で見せたモールだけでなく、サイドアタック、バックスプレーでもトライを量産しました。久しぶりの大勝で応援していた保護者、OB、1年生部員も大喜び。試合後、年寄OBは香里園駅前で祝杯。美味しくビールを頂きました。

ちなみに現時点で新入部員は選手7名+マネージャー2人です。もう一息です。知り合いで八尾高に入られた方がおられましたら、是非声かけをお願いします。

この日は常翔学園vs大阪産業大附属の試合も行われました。逆転に次ぐ逆転の好勝負でラストワンプレーで常翔が逆転のトライ。手に汗握る勝負でした。

-- かわちのラガー幹事長 東部@高32期

平成29年4月23日10:00KO八尾高校

大阪総体予選リーグ2

八尾高校15対14茨木高校で勝利でした

●原副会長のブログはこちらから

●下記は東部幹事長のコメントです。

現役の大阪総体予選リーグの第二試合が行われました。

八尾高校 15−14 茨木高校
前半 5−14
後半 10−0

で逆転勝利しました。たくさんの応援、ありがとうございました。
予選リーグ3戦もよろしくお願いします。

先週に引き続きは14人で戦いました。
開始早々にノーホイッスルトライを奪われる苦しい展開。相手の15番にカウンターアタックで大きくゲインされる場面もしばしばありましたが、粘り強いディフェンスでなんとか2トライに抑えました。

アタック面では、バックスのライン攻撃は決定力不足。ディフェンスに押され、フェーズを重ねるも中々ゲインできない苦しい展開でした。しかし、モールでは上手くコントロールして度々大きく前進していました。後半の逆転トライもモールからでした。

まだまだレベルアップが必要な所は沢山ありますが、14人で勝てたことは自信につながるはず。来週も期待しましょう。


来週は

予選3試合目
4月30日12:20時KO
会場:同志社香里高校
対戦相手 合同F

です。沢山のOBの皆様の応援をお願いします。なお、同志社香里高校会場は自家用車乗り入れ禁止ですので、申し訳ありませんが公共交通機関を利用をお願いします。

平成29年4月16日10:00KO於八尾高校 大阪総体リーグ戦1 本日、現役の大阪総体予選リーグの第一試合が行われました。
八尾高校 5−36 関西創価高校
前半 0−7   後半 5−29 で敗戦となりました。
たくさんの応援、ありがとうございました。
予選リーグ2戦、3戦もよろしくお願いします。
けが人が多く発生している状況で、現役の諸君は14人で戦う決断をしました。 開始早々に怪我を抱えている1名が退場。前半は何とか持ち堪えて1トライ1ゴールに抑えましたが、後半はディフェンスの綻びを突かれたり、ターンオーバーからの切り返しにやられてしまいました。アタック面では、度々、敵陣深くに攻め込むチャンスもあったのですが決め手に欠け、ペナルティから素早い判断で突っ込んだ1トライのみでした。
東部
平成29年1月22日(日)
11:00KO
於八尾高校
近畿大会予選(新人戦) 八尾高校5対29常翔啓光学園

原副会長のブログも参照して下さい

●下記は32期東部幹事長より
1/22に行われた、現役の新人戦(近畿大会予選)は

八尾 5 - 29 常翔啓光学園  
前半0 - 0  後半5 - 29 で敗戦となりました。
時折、雨が降る中、大勢の方に応援に駆け付けて頂きました。ありがとうございます。 強化を止めたとはいえ、かつては全国を席巻した強豪校相手に、気持ち入った良い試合でした。
前半はしつこいディフェンスで攻撃を許さず、敵陣で試合を進める優位な展開でしたが、最後の決め手に欠けゴールを割ることができませんでした。
後半も押しぎみに進め、10分には敵ミスのアドバンテージからのカウンターアタックで、上手く繋いでウイング快走でトライ。応援も大いに盛り上がりました。
しかし、その後は疲れからかディフェンスの穴を突かれて逆転されてしまいました。 最後は点差を開けられてしまいましたが、現役諸君は少ないメンバーで精一杯の戦いを見せてくれました。
今後の頑張りを期待しましょう。OBOG諸氏には今後ともご支援ご協力をお願いします。
かわちのラガー幹事長 東部(高32)


平成28年9月25日
10:00KO
於八尾高校
全国大会大阪府予選、リーグ戦2 八尾高校0対0東大阪大柏原 引き分けでした。
尚、通算1分1敗で、勝ち進むことは出来ませんでした。

●下記は32機東部幹事長のコメントです。

9/25に行われました現役の全国大会予選の予選リーグ第二戦は 八尾高校 0 - 0 東大阪大柏原高校     前半 0−0     後半 0−0 で引き分けとなりました。残念ながら1分1敗で予選敗退となりました。 先週敗れた茨木高校を48-0で破っている強豪チーム。次に勝ち進むには大差で勝利する必要がありました。その為、ペナルティでもゴールではなく貪欲にトライを狙いにいきました。特に後半は殆ど敵陣にくぎ付けしていましたが、ゴールラインにはあと一歩及びませんでした。しかし、堅実なディフェンス、突き刺さるタックル、確実なセットプレー、二人目のしっかりしたフォローと応援している私たちをも熱くさせる素晴らしい試合をしてくれました。ありがとうございます。 3年生の皆さんはこれで引退です。最後にこれまでの自分たちの集大成のプレイを出し切ることができました。3年間、ご苦労様でした。これからは勉強に励んでください。また、OBとして現役選手のバックアップをお願いします。 今後は1、2年生で17名の選手+マネージャー4名の新チームとなります。OB会としても今後も現役チームのバックアップを進めてまいりますので、あらためてOBOG諸氏の協力をお願いします。(若手OBの方はできれば母校に顔を出して練習相手になってあげてください)

原副会長のブログも参照して下さい。

平成28年9月18日
10:00KO
於八尾高校

全国大会大阪府予選、リーグ戦1 八尾高校9対14茨木高校で敗戦でした

原副会長のブログも参照して下さい。
平成28年8月2日〜6日 菅平合宿 菅平高原・イナリールホテルにて現役合宿を行います。
平成28年6月12日
於鶴見緑地
7人制大会
決勝トーナメント
八尾 7-31 金光藤陰
平成28年6月11日
於摂津高校
7人制大会予選 1回戦 八尾高校 38 vs 0 大阪電通高校
2回戦 八尾高校 19 vs 17 金光八尾高校
平成28年5月8日(日)
12:20KO
於摂津高校
大阪総体シード予選1

八尾高校 対 関西福祉大学金光藤蔭

 

平成28年4月24日(日)
10:00KO
於八尾高校
大阪総体リーグ戦2 八尾高校63 対 5大阪高校
で勝利でした。
これにより、UーD1 1位となり、U-D2 1位とのシード戦1回戦となります。
平成28年4月17日(日)
10:00KO
於八尾高校
大阪総体リーグ戦1 八尾高校14対0上宮太子高校(阪本前会長顧問)
で勝利でした。

原副会長のブログを参考にして下さい。
平成28年3月20日
於堺Jグリーン
茨木戦 八尾高校19−0茨木高校
で勝利でした。

平成28年1月24日
11:00KO
於八尾高校

近畿大会大阪府予選、新人戦2回戦 八尾高校0 対 86大阪朝鮮高校

全国大会レベルの強豪との対戦となりました。しかもインフルエンザと怪我で戦えるメンバーは15名という厳しい状況でした。ほとんどアタックをする機会がなく、たくさん点を取られましたが、最後まで気持ちを切らさずにタックルにいく選手たちの姿に心を打たれました。
強豪チームの力を肌で感じたと思います。この悔しい思いを忘れずに鍛錬に励んでくれることでしょう。主将も「ボロ負けしましたが、これからもっと強くなります」と力強く語ってくれました。
今年一番の寒さの中、たくさんのOBが応援に駆けつけていただきました。ありがとうございました。これからも八尾高ラグビー部への支援をよろしくお願いします。

八尾高ラグビー部OB会 幹事長 高32期 東部

平成28年1月17日
11:00 KO
於八尾高校
近畿大会大阪府予選、新人戦 1回戦 八尾高校24 対 17合同A(東淀川・渋谷・池田・茨木西・北摂つばさ・刀根山)
で勝利
平成27年9月27日
10:00 KO
於八尾高校
全国大会予選リーグ2 八尾高校19 対 42茨木高校
で敗戦でした。
これで68期生は引退となります。
平成27年9月20日
10:00 KO
於八尾高校
全国大会予選リーグ1 八尾高校10 対 52合同B(枚方、牧野、枚方津田、野崎、門真西、北かわち皐ヶ丘)
で敗戦でした。
平成27年8月2日〜6日 合宿 菅平高原イナリールホテルで合宿を行いました。

原副会長のブログを参照して下さい。
4月26日
11:10KO
於四天王寺羽曳丘高校
大阪総体
第3戦
部員負傷のため、棄権となりました。

八尾高校 対 日新高校

4チームによるリーグ戦の勝者は
5月3日11:10 於摂津高校 シード戦決定戦に出場します
4月19日
10:00KO
於八尾高校
大阪総体
第2戦
部員負傷のため、棄権となりました

八尾高校 対 淀川工科
4月12日
10:00KO
於八尾高校
大阪総体
第1戦

部員負傷のため、棄権となりました

八尾高校 対 布施工科

平成27年1月25日
KO 11:00
於八尾高校
近畿大会大阪府予選 ●試合結果
八尾高校0−68早稲田摂稜
(前半 0−32  後半 0−36)

●原副会長のブログ


●下記は28期本田幹事長の観戦記です。

68期生、公式戦スタートの新人戦。そして八尾高校が会場校。
昨年は10人制で、そして今年は控え選手はゼロながら15人制で出場。
結果は最近学校をあげて強化している早稲田摂陵高校に0−68で完敗。

前後半30分、フルタイム60分。
一人も余すことなく、一人も退場することなく、精一杯戦った。
この対戦経験は必ずや活きる。
過去数年であるが、部員全員がフルタイム60分プレーするのは秋の全国大会予選が初めてあった。
しかし、今年は新チームでスタートから全員が15人制60分の戦いを肌で知ることになる。

まだまだ未熟な選手達、一年生はラグビーボールに触れてまだ一年に満たない。
そんな経験の浅い八尾高ラガーも前半28分までは0−20と踏ん張った。

タックルが決まった、タックルが外された。
モールを組んだ、押しきれなかった。逆に早稲田に30mもモールを押された。
球際の接点で相手が疾い、先にボールを取れない。
徐々にゲームを支配される、早稲田はオープンに展開、デフェンスに走る。
届かない、トライされる。
同じようにオープンに展開、デフェンスに走る。早稲田はラインを割る。
ラインデフェンスでタッチラインに追い詰めることができた。・・・一つ試合で覚えた。

でも次はまた走られる。
フィットネスが不足、いや試合の流れをよく見てポジショニングさえ早く着けば防げたかも。
早稲田の果敢な突進にひるむことなくタックルにも入った。
うまくタックルができなかった7割、できた3割。どちらも肌で感覚を覚えた。

前半28分から後半13分の15分間で22点を取られた。

しかし、点差が開いたこの後、何度も左右に振られながら懸命にタックルにいき
流れを止める。結局はトライされるも、この時間帯でも5次攻撃までは粘ることができた。

そんな一つのできた経験、できなかった経験、しっかりと憶えてレベルを上げてください。
今日の対面選手の顔を憶えて、プレーの質を憶えて、次はどう負かしてやろうか、
どうすれば自分たちの攻撃ができるか、
相手の攻撃を防御するためにどう動くか、身につけるフィットネスは何か。
今日の試合は考えるヒントを幾つも経験しました。

さきほど、NHKで「仕事の流儀 エディジョーンズ 」@ Mon Jan 26, 2015 10pm
の放送がありました。
ジャパンを育てる上でエディさんの哲学、八尾高ラグビー部現役の力になるフレイズが幾つかありました。

・何よりも私たちは失敗から学ぶんだ。
・向上心を持つ勤勉さ、真面目で忍耐力がある。その強みを知り、強みを磨く。
・ミスをするから上達する。そして、次に何をすべきか、それを考える。
・負ければプライドが傷つけられる。だからもっと強くなりたいと考える。
・勇気を持て!何事もしっかりとやりきろう!

秋には必ずや早稲田には勝てます。勝てるようどう自分自身を磨いていくか。
先生の指導を最大限発揮できるよう、自ら考え強くなってもらいたいと思います。

頑張れ!八尾高、狐校のラガー達!  

28期 本田 (観戦記)になっていない試合観戦記ですが、ご容赦ください。

原副会長の観戦ブログです。


◇ 日時:2015年1月25日(日) KO.11:00
◇ 八尾高校 天候:晴 グランド:やや良好
◇ 試合メンバー  前後半共
  1.西川(1年)
  2.行松(2年)
  3.香坂(2年)
  4.山崎(1年)
  5.足立(1年)
  6.三輪(2年)
  7.井岡(2年) 
  8.谷崎(2年)・・・副将
  9.福谷(1年)
10.小林(2年)・・・副将
11.森岡(1年)
12.岩崎(1年)
13.磯村(2年)・・・主将
14.岡田(1年)
15.ア山(1年)
〈タッチジャッジ〉北条MG(2年)
◇ 試合結果 0−68
(前半 0−32  後半 0−36)

●試合前の阪本会長コメント
現役の新人戦(近畿大会大阪予選)日程が決まりました。詳細なトーナメント表は全国高体連ラグビー部からご覧下さい。
八尾高校は2回戦から出場で 1月25日11時KO 対戦相手は早稲田摂稜高校 会場は八尾高校となりました。
今回は昨年までと異なり15人制単独の出場で、しかも八尾高校が会場となりました。15人ぎりぎりの部員ですが、一丸となって戦ってくれるものと信じています
平成26年9月28日
10:00KO
於摂津高校
現役全国大会予選リーグ戦

全国大会予選リーグ戦
八尾高校 22対56 摂津高校 で敗戦。
これで、67期は引退となります。お疲れ様でした。

(緑風館高校も含めた3校のリーグ戦の予定でしたが、緑風館高校が棄権したため、摂津高校との対戦のみとなりました)

●原副会長のブログはこちらから


●下記は28期本田幹事長の観戦記です。
試合前のアップ、チームが闘う顔になっている。
3年だけでなく2年が全員が、公式戦初めての15人制。頼もしさを感じた。

さて、対戦相手の摂津高校。2011年に体育科が新設され(公立4校目)、
近年ラグビー部もめきめき力をつけている。2013年の全国選抜大会では
推薦枠で大阪代表として出場し、1勝をあげている。
グランドは全天候型人工芝(府立高校初)、快晴の秋晴れ。
さあ、八尾高校。15人制としての初めての公式戦、いかにして戦うか!

キックオフのホイッスルとともに敵陣22m付近で、八尾モールを組み攻める。
右へ左へ前進するものの、まだ固さがあるのか攻めきれない。
幸先の良いスタートとなった。
ボールが摂津側へこぼれたか?摂津はライン攻撃で素早くバックスへ。
八尾タックルで止めるが、2次3次と攻撃を重ねられ、摂津BKは自陣10mより
ラインの裏へ出て走り抜ける。八尾、追走するが追いつかず先制トライを許す。
前半5分 0−7
摂津BK1トライを奪って固さがとれたか、CTBが見事なステップで八尾ラインの
裏へ抜け、ゴールへ走りぬける。ボディバランスが良い。
前半7分 0−14
八尾はマイボールではモールを組みボールを支配。
決して大きなFWではないが、まとまりが良い。
前進はするが、ゴールが遠いのは体格が小さいことが影響しているか。
こうした中、モールサイドに一瞬隙ができたか、摂津SHに縦横に走られトライされる。
前半13分 0−21
その後、25分まではFW戦で八尾が押し気味にゲームコントロールをする。
1本取れば、勝機が見える試合展開となった。
敵陣22mの攻防、再三モールで左右へ揺さぶり、摂津は防戦一方となる。
摂津陣地で試合が続き、遂に八尾モールを押し込みトライを奪う。
前半26分 7−21
このトライで気勢もあがり、八尾はモールにこだわり攻め続ける。
FWの八尾、BKの摂津、明白な試合運び。八尾は押し気味に試合を支配。
攻防の中、タッチを狙いラインアウトからFW戦へ持ち込もうと、
敵陣奥深く蹴られたキックがタッチを割らず、摂津はBKへ展開。
八尾はキック処理のラインデフェンスがまだ未熟であり、敵陣22mより
一挙に走られトライを許す。
前半29分 7−28

後半に入ると5分から試合が動いた。
5分、8分、11分と摂津が走力のあるBKが縦横無尽に自陣から個々の
突破で独走しトライを続けさまに奪う。
後半11分 7−49
点差が開いても、八尾はひたむきにFW戦に挑みモールで押し込む。
ここ一番、ゴールが近づき膠着したモールにBKも加わり全員でプッシュ。
BKと言えど、FWでも長くプレーしたメンバーが密集プレーで力を発揮。
全員でトライ! 後半14分 12−49
その後、またもや摂津BKの個人プレーで1トライを返される。
後半20分 12−56

この後に八尾BK、素晴らしいランプレーで40mを突破。
試合は決したが、ここから八尾は粘り強く、ゲームを支配する。
モールが安定し、ボールをこぼさなくなった。
どちらが勝っているのか、と思わせる八尾のアタッキング。
モールで押す、ひたすら押す。崩れてもモールを組み直す、そして押す。
再び摂津ゴール前、
またもや膠着したモールにBKが瞬時に集まり押し切ってトライ。
後半25分 17−56
なおも八尾は攻め続ける。モール、モール、モール。

OB連から声が飛ぶ。「最後にトライを取った方が勝ちや!」

そんな声は知る由もなく、狐高のラガーはモールでトライにこだわっている。
自分たちのプレーを貫くことしか考えずに、
誇りを持ってただひたすらゴールへ進む、進む、進む。
後半30分 22−56

ノーサイドの笛が鳴った。

【観戦補足】
今持てる力を存分に発揮した試合であったように思う。
摂津BKに走られたラインのデフェンスや個々のタックルのスキルは
これからレベルを上げれば良い。
中出先生が常に指導されている「強い気持ちでプレーしろ!」は、
最終戦で概ねできていたように思う。
特に後半最後の10分はしっかりと実践していましたね。
いかがでしょうか?我らに世代にお世話になったFWコーチ、遠矢相談役!


では、67期生最終戦のメンバー
◇ 日時:2014年9月28日(日) KO.10:00
◇ 摂津高校 天候:快晴 グランド:人工芝 良好
◇ 試合メンバー  前後半共
  1.山口(3年)
  2.谷田(3年)
  3.香坂(2年)
  4.行松(2年)
  5.井岡(2年)
  6.石田(3年)・・・主将
  7.有田(3年) 
  8.谷崎(2年)
  9.福谷(1年)
10.磯村(2年)
11.三輪(2年)  後半途中→岡田(1年)
12.小林(2年)
13.荒谷(3年)
14.ア山(1年)
15.村野(3年)・・・副将
〈タッチジャッジ〉山下MG(3年)/村山(1年)

◇ 試合結果22−56
(前半 7−28  後半 15−28)
【応援者】

阪本会長の号令もあり、多くのOBが応援参戦。
遠矢相談役、西本、阪本、原、ガッツ、松宮、近田弟、辻井、谷田、水上(東京から)、ボン
61ジョージ63河本、65井田・紀平(三重から)・谷田MG・和田、66林・松重・新垣MG

やはり、60期代が来ると嬉しいね〜
(小生の思いではなく現役の選手達にとって)

選手の保護者さんも20名近く。
3年の八尾高仲間も10名ほど。
100名とはいかないが、50名あまりのアウェーでの大応援団。

皆さん、応援ありがとうございました。

  28期 本田 (観戦記)

平成26年8月3日〜7日 現役合宿 8月8日〜7日まで、合宿を行いました。
於:菅平高原イナリールホテル
合宿内容について、原副会長のブログを参照して下さい。
平成26年4月27日 春期大会10人制
決勝リーグ

(2)決勝リーグ
4月27日(日) 10時KO 場所;四天王寺羽曳丘高校

八尾 大体大浪商  旭高校による決勝リーグを行いました。清水谷はけが人のため棄権。
 八尾12対17大体大浪商 敗戦
 八尾0対14旭高校 敗戦

●原副会長のブログ

●公式試合結果は下記を参照して下さい。
http://www.rugby-try.jp/game.cgi/2152


●本田幹事長の観戦記

OB会員メールメンバーの皆様

4/27の10人制決勝リーグは0勝2敗で3位。
優勝は旭、2位は大体大浪商です。
清水谷は負傷者が出て棄権となりました。

八尾 12-17  浪商
八尾  0-14  旭
旭   14-14  浪商

いずれも接戦でありました。
勝利への気持ちは強いものの、身につけたプレーを継続し続ける執着心が不足(気持ちの弱さ)しているように思いました。
技術的にはバックラインのディフェンスの未熟さ、タックルポイントへの追い込みができないなど、これからの課題はあります。
今年は10人制に出場したことにより、部員12人(2、3年)の一人ひとりが悔しい思いを肌で感じたことと思います。
全員が今回の敗戦を経験することで、その一瞬にどう動けばよかったのか、どんな声を掛ければよかったのか、
そして、普段の練習にどのように臨めばいいのか、ステップアップする良い機会に変革してもらいたいと願っています。

試合結果→ http://www.rugby-try.jp/game.cgi/2152

では、第1戦の環境とメンバー
◇ 日時:2014年4月27日(日) KO.10:30
◇ 試合メンバー
   3試合共       →交代
  1.山口(3年)
  2.谷田(3年)
  3.香坂(2年)
  4.有田(3年)
  5.石田(3年)・主将 →谷崎(2年)
  6.小林(2年)/SH
  7.磯村(2年) 
  8.荒谷(3年)
  9.井岡(2年)     →三輪(2年)
10.村野(2年)・副将
〈タッチジャッジ〉山下MG(3年)

【観戦補足】
※.試合は7分ハーフ 決勝リーグはグランド全面での試合

第1戦 vs大体大浪商
試合が開始早々、八尾がボールを支配し浪商陣地での戦いが続く。
モール、ラインアウトを軸にゴール前へ攻め込み、4分にモールを押し込みトライ
5−0
その後も八尾はモールを軸に攻め続けるが、次のトライに結びつかない。
(ここでもう1本、モールを軸としてトライを奪取する気持ちの強さがほしかった。
・・・1日が変わったかも)
7分、浪商BKに展開され、BKを主体とした連続攻撃に八尾ディフェンスラインが
追いつかず、トライを奪われる。(タックルも甘く、2人目が遅い)
5−7
後半も一進一退の攻防の中、4分、浪商BKに走破されトライ(5−12)
さらに、6分、八尾攻勢に転じるも浪商自陣22mから80mの独走を許しトライ
5−17
ようやく、ロスタイムの8分に、八尾がFW/BKの一体攻撃で1トライを返す。
12−17

第2戦 vs旭
前半2分と後半7分にトライを許し、0−14
旭の堅実なプレーに八尾は攻めきることができなかった。
チャンスらしい場面もあまりなく、押されながらも真面目にプレーしたことが
この点差となったか。
浪商戦との前半6分以降、受けに廻り、攻めのゲームコントロールができなくなった
感じを受ける。それが、今の実力と言えばそうなのかもしれないが、力がないから
「強い気持ち」で突破してほしい。

「今から、これから」です。 頑張れ、狐高のラガー!
28期 本田 (観戦記)


平成26年4月13日 春期大会10人制
予選リーグ

Bブロック3戦全勝で決勝リーグへ進出!
  vs関西大倉  14− 7
  vs合同L    25−10
  vs精華     24− 0

次回の試合は4月27日(日) 10:00〜
会場は同じく四天王寺羽曳野丘高校です。

決勝リーグ進出は次の4校。
八尾  清水谷 大体大浪商  旭

試合結果→http://www.rugby-try.jp/game.cgi/2152

車での来場もOKですし、より多くのOBの皆様に応援に駆けつけて頂きたいと思います。宜しくお願いします。


【観戦補足】
中出先生の教え「強い気持ちで前に出よ!」
闘う集団として、メンタルな部分が少しづつ浸透してきた感があります。
Fwのモールを核として、全員でバインドして前進する戦術を武器にして試合を展開しています。
下にあるボールへの働きかけがもう少し速くなれば、さらにボールの支配率があがります。
加えてBkのデフェンス、ラインが一体となって前に出る、少し待つなど組織的な動きの統制が
できると失点が少なくなります。その前に、踏み込んで外されないタックルも身につけねばなりません。
Fwのバッキングと合わせたデフェンスができるように、敵方の走るコースを味方の網にかかるような
ライン統制ができるようにならねばなりません。
まだまだ課題はありますが、全員で勝ち取った決勝リーグ進出です。
「今から、これから」です。 頑張れ、狐高のラガー!

では、第1戦の環境とメンバー
◇ 日時:2014年4月13日(日) KO.10:00
◇ 試合メンバー
   3試合共       →交代
  1.山口(3年)
  2.谷田(3年)
  3.香坂(2年)
  4.有田(3年)
  5.石田(3年)・主将 →谷崎(2年)
  6.小林(2年)/SH
  7.磯村(2年) 
  8.荒谷(3年)
  9.井岡(2年)     →三輪(2年)
10.村野(2年)・副将

〈タッチジャッジ〉山下MG(3年)

  28期 本田 (観戦記)


●下記は阪本会長よりOBのみなさまへ
日頃から現役諸君に対しましてご支援賜りましてありがとうございます。
さて、春期大会の日程が決まりましたのでお知らせします。
現在部員は15名に満たず残念ですが、10人制大会に出場します。 昨年から新しい顧問の中出先生にご就任いただき、中出先生のもとで 日々練習に励んでおります。
日頃鍛えた「八尾高魂」を発揮する一番の場が公式戦です。 現役諸君は持てる力を最大限発揮してくれることは間違いありまんが、 それにOBの皆さんの応援が加わればより一層頑張ってくれることでしょう
せっかくの日曜日、ゆっくり過ごしたい方もおられるでしょうが、
年間3回の公式戦です。どうか、グランドに足を運んで頂き、現役に熱い声援を送ってやって下さい。

平成26年3月4月 春休み練習

春休み練習予定

 

平成26年1月19日
13:00KO
於四天王寺羽曳丘高校
10人制予選リーグ

対戦相手:八尾高校、合同J(大阪市立・大手前・市岡・寝屋川)、清風南海、太成学院
試合内容:ハーフコートでの上記4チームの総当り(7分ハーフ)

全国高等学校体育連盟ラグビー専門部公式サイト

◇ 試合結果 2勝1敗
1.清風南海 36- 0 勝ち
2.合同J    5-19 負け
3.大成学院 22-12 勝ち
決勝リーグへの勝ち抜きはなりませんでした。

原副会長のブログ


●下記は本田幹事長の観戦記です。

全員のレベルアップを狙った新人戦10人制。
八尾高校は善戦虚しく2勝1敗で予選リーグ敗退です。
(清風南海、大成学院に勝利。合同Jに敗戦。)
従って、1/26(日)の万博運動場での決勝リーグはなくなりました。

まだまだ発展途上のチームですが、13人が決勝リーグに進めない
悔しい思いを肌で感じました。結果詳細は次の通りです。

◇ 日時:2013年1月19日 KO.13:20〜 前後半7分ハーフで3試合
於)四天王寺羽曳野丘高校 天候:晴
◇ 試合メンバー (学年)
清風南海、合同J、大成  大成後半
1.谷田(2年)PR         
2.香坂(1年)PR      
3.谷崎(1年)PR →   荒谷(2年) 
4.山口(2年)LO
5.石田(2年)LO   
6.小林(1年)SH
7.磯村(1年)SO
8.有田(2年)TB      
9.荒谷(2年)TB →  井岡(1年)→三輪(1年)
10.村野(2年)FB

【試合概要】
今回の10人制は前後半7分で3試合を実施。グランドはハーフコート。
まず初戦は清風南海高校。
FW/BKの一体攻撃で前半12-0、後半24-0、計36-0で幸先の良い勝利。
良いウォーミングアップとなった。

第2戦は合同J(大手前・市岡・寝屋川・大阪市立)との対戦。
合同と言えど大手前・市岡・寝屋川は府内の古豪チーム。
今回も個々の力は八尾を凌ぐものがあった。
前半は、第1戦の良い流れを汲みFW/BKの一体攻撃と防御で、合同の
基軸プレーヤー波状タックルで封鎖。
自陣10mラインアウトからモールで15m押し込み、BKに展開して連続攻撃
を仕掛け、トライを奪う。5-0
以後は八尾ペースとなり、ボールを支配し続けるが、敵陣ゴール前から
ブラインドサイドを一挙に50m走られ、トライを奪われる。 前半 5-5

後半は、開始早々の1分、相手FBの背後を狙ったパントの距離が伸びず、
FBにキャッチされた後は40mほど縦横無尽に走られ、トライを許す。5-12
以後は合同ペースで試合が進み、3分には相手FW/BKの連続攻撃でトラ
イを奪われる。5-17
その後、八尾はチャンスでミスを犯し、リズムをつかめないままノーサイド。

第3戦は大成学院。
今度は第2戦の悪い流れをひきづり、八尾は力強さや気迫が影を潜め、
浮き足だった試合展開。3分、相手SOにかわされトライを奪われる。0-7
6分に何とかトライを奪い、7-7の同点とするも一進一退。
前半終了間際に八尾トライを奪うも、連携はちぐはぐで圧力も弱い。12-7
後半、中出先生の「強く!」の再三の声で、ようやく息を吹き返す。
3分、敵陣ゴール前PGから速いリスタートでトライ。17-7
ようやく単発であるが、前に出る、強く当たるプレーが出だした。
再び良い流れが出だした後半5分、インターセプトされトライを許す。17-12
その後、八尾高は押し気味に試合を進め、BKラインへ展開しトライ。22-12

◇ 試合結果 2勝1敗
1.清風南海 36- 0 勝ち
2.合同J    5-19 負け
3.大成学院 22-12 勝ち

【応援者】
八尾OBは24期西本さん、28期原さんに私。前顧問の小林先生
少し八尾高、応援少ないですね。
四天王寺羽曳野丘高校は不便な位置ですが、正門を入ると噴水が正面に配置
され、ヨーロッパ調の学園デザイン。「四天王寺言うたら仏教ちゃうの?」
試合会場となる学校を見れるのも楽しみの一つです。


頑張れ!八尾高、狐校のラガー達!  
28期 本田 (観戦記)

平成25年11月23日八尾市新多目的グランド (八尾南高校跡地)
八尾ラグビーカーニバル2ndステージ

◇高校生ゲーム  14:30〜16:00
高津高校 vs 八尾高校・富田林高校・藤井寺高校・四天王寺羽曳丘高校

◇ラグビースクールの交流戦    10:00〜八尾、茨木、堺、守口、4スクール対抗戦
八尾高校OBが各スクールでマスターや指導員として普及に務めています。
開会式は9:30から、スクール交流戦は10:00から行われますので、気軽に参観頂ければ
と思います。OBの皆様の来場を心よりお待ちしています。

住所:旧八尾南高校、八尾市南木の本3丁目1番地
地下鉄八尾南から  近鉄バス「了意橋」下車、
または近鉄八尾、JR八尾駅より  近鉄バス「了意橋」下車。
八尾高校ラグビー部OB会
幹事長  28期 本田

平成25年10月 現役新チーム 中出監督より

次年度のキャプテンが決定いたしました。2年生FWの石田将志がキャプテンで、BK村野玄太がバイスキャプテンに決定しました。
また新人戦は単独で出場します。一応15人制でエントリーします。勧誘を続けて15人で出ることが部員たちの希望です。ただなかなかうまくいくとは思えませんが、がんばってみます。なお集まらなかった場合は、単独の10人制で出場します。
今後ともよろしくお願いいたします。
平成25年9月22日
KO 11:10
於千里高校
現役全国大会大阪府予選リーグ線2

●現役全国大会リーグ戦2
於千里高校 KO11:10
八尾高校 50対5 大成学院高校
(前半 19−5  後半 31−0)

原副会長のブログ


●本田幹事長の観戦記
66期生の最終戦は緑映える千里高校でキックオフを向かえる。
単独チームとして公式戦2戦目。相手校は太成学院高校。
試合前の練習での表情は公式戦を戦う目つきになっていた。
第1戦で四条畷高校に負けた悔しさを糧に、今日は自分達のラグビーをするぞと各人が自らに言い聞かせているようであった。

キックオフからやや硬さが見えるものの八尾高が押し気味でゲームが進む。
3分、太成のセンターがマークを外し、ラインの裏に出られ、八尾BK/FW共にコースを押さえること
ができず好走され先制トライを許す。 0-5
その後、八尾攻めるも一進一退の攻防。
6分、FB松重が自陣10mより小刻みなカットインを駆使し個人技で30mをゲイン。モールの後、
SO高萩が左サイドをステップ踏み変え、さらに30mを好走し同点のトライを返す。 5-5
ゴールキッカーはスマートな右プロップの林主将、見事に決め逆転。 7-5
以後、敵陣で八尾がゲームを支配するも慎重な攻めが続く。
21分、敵陣ゴール前5mスクラム。右サイドをFB松重が得意のカットインでトライ。 12-5
またもプロップ林が器用にゴールキックを決める。 14-5
29分、敵陣ゴール前5m相手スクラムのボールを奪取。
1年生No.8香坂がサイドを突破し公式戦初トライ。 19-5  前半終了

後半1分、高萩サイドステップと思いきや、体を当てこすりながら前進。SH森下がサイド攻撃を
仕掛けBKラインへつなぐ。チーム1まじめなフォロワー右CTB山健がトライ。 24-5 G26-5
5分、敵陣22mよりモールを組み前進。
軽量FWの八尾高が、そのままモールを押し込み全員の力でトライ。 31-5 G33-5
10分、敵陣で右オープン1年生左CTB小林タイミングの良いパス回しが光る。
1年生井岡が走り、12番小林がおそらく回り込んだか、定かでないが初トライ? 38-5
17分、自陣10mよりFB松重が猪の如く体当りステップをぶちかまし、60mを独走しトライ。 43-5
22分、久々に大成が攻撃。八尾バックスの裏を抜け、八尾ゴールまで数m。
八尾は必死のデフェンスでゴール前まであきらめずに追走。
太成、グランディングすればトライかに思えたが、この追走がスローフォワードを誘う結果と
なり、見事にトライを回避。
しかし、今後はBKラインのデフェンスでFWと一体化してゲインラインを割らせないこと。
27分、SH森下が再三サイドを突き、FW-BKの一連の攻撃を組み立てる。
気がつけば、右サイドに止めのトライ。 48-5  林主将、鮮やかにゴール!50-5
その後も八尾が攻め続け、ノーサイド。
そして、この試合においては2年生の献身的な働きが、3年生を支え、1年生のはつらつプレーを導くことになった。
単独チームとして初戦の敗戦で多くのことを学び、勝ち得た公式戦の1勝、おめでとう。
  66期生諸君、3年間ご苦労様でした。
さあ、明日から次の目標に向かって新たな歩みの始まりです。

では、第2戦の試合概要を以下の通り報告します。
◇ 日時:2013年9月22日(日) KO.11:20
◇ 千里高校 天候:快晴 グランド:良好
◇ 試合メンバー  前後半共
  1.山口(2年)
  2.谷田(2年)
  3.林  (3年)・・・主将
  4.有田(2年)・・・BK
  5.石田(2年)
  6.荒谷(3年)
  7.磯村(1年) 
  8.香坂(1年)
  9.森下(3年)
10.高萩(3年)
11.村野(2年)
12.小林(1年)
13.山本(3年)
14.井岡(1年)  井岡→三輪(1年)
15.松重(3年)
〈タッチジャッジ〉山下MG(2年)

◇ 試合結果 50−5
(前半 19−5  後半 31−0)

【応援者】
前顧問小林先生、元顧問石原先生(花園教頭)も駆けつけて頂いた。
八尾OBは前回よりも少なく、西本、原、ガッツ、和田(65期)、本田の5人であるが、金光八尾OB4〜5人が応援観戦。
今回も保護者に八尾高生も遠路はるばる駆けつけ、30人あまりの応援団。
北摂在住のOB諸氏、この地域では今回の千里、茨木、摂津高校が公式戦会場となります。
八尾OBはバッタの草色ポロシャツに紺か草色のキャップを被って応援しています。
是非応援参戦をお願いしたいと思います。

  28期 本田 (観戦記)

平成25年9月15
KO 10:00
於四条畷
現役
全国大会大阪府予選リーグ戦1

●現役全国大会リーグ戦1
於四条畷高校 KO10:00
八尾高校 0対39 四条畷高校 で敗戦でした。
前半0対15四条畷高校
後半0対24四条畷高校

原副会長のブログ

●下記は本田幹事長のコメントです

中河内の八尾高校、北河内の四條畷高校。
共に創部80数年で親睦高でもある両校の全国大会1回戦。
6月初めの伝統高大会では、八尾高は富田林・藤井寺高校と合同で
対戦したが、一蹴され敗戦。
単独八尾でどこまで戦えるか、狐高のラガーはこの一戦に賭ける。

一回りは大きな四條畷高校。
前半、Fwの突進力を活かした畷の攻撃に、キックオフより八尾は受け身。
ゴール前でラック・モールサイドを突かれ、2トライを奪われるも(4分、10分)
前半28分まで0-10と健闘。
前半28分、ミスキックから相手FBにライン参加されトライ。0-15

後半は、5分、8分とミスからトライを許す。
5分 自陣ゴール前でキックをチャージされトライ。0-22
8分 相手キック処理をもたつきラックからサイド突破で0-27
13分自陣10mよりモールを押されサイド突破されトライ。0-34

試合は一方的になったが畷Bkのミスにも助けられ、これより15分は0-0の試合展開。
四條畷のFwペースで後半20分過ぎまで試合は進むが、
この中にあって、八尾未熟Fwがしっかりとしたモールを組み、押すこと2回。
24分からBkが再三再四、相手ラインの裏を抜け、八尾のRunningプレーが続く。
後半の24分を過ぎから5分あまり、初めて八尾高校が攻勢となった。
ペースをつかみかけたが、29分畷Fwの核No.8が突進し、止めのトライをされる。
0-39にてノーサイド。


【観戦補足】
Fwは林主将以外は試合経験が少なく、彼が唯一の3年生。
伸び盛りの2年生も今年の合同チームでは出場機会が少なく、
Bkプレーヤー1人を交え、経験者とは言え1年生2人。
7人が初めてのフル代表となった公式戦である。

このようなFwの構成から、受け身ながらも懸命のプレーであった。
踏み込みはないが、懸命なタックルで応戦。
1人目が引っ掛け、2人目がバランスを崩し、3人目で仕留める。
公立校ではトップ5に入る(私見)畷Fw相手に未熟な八尾Fwの善戦と
言ってはいけないだろうか。

後半も24分過ぎ、Bkの3年4人が何とかしよう、一矢を報えようと、
引っ張り始めた。その思いが試合開始後54分を経過して後の5分間、
59分までしっかりと試合を支配。

この一戦は八尾高校として思うようにできない悔しい試合であったが、
チームとして全員が初めて悔しさから多くのことを学んだ試合であった
ように思う。
今回の無力さ悔しさを記憶に留めて克服するプレーができれば、確実に
強くなれると信じている。

次はいよいよ、66期生の最終戦。
新たなスタートに全身全霊を賭けてゲームに臨んでもらいたい。


では、第1戦の環境とメンバー

◇ 日時:2013年9月15日(日) KO.10:00

◇ 四條畷高校 天候:曇り グランド:良好
◇ 試合メンバー  前後半共
  1.山口(2年)
  2.谷田(2年)
  3.林  (3年)・・・主将
  4.有田(2年)・・・BK
  5.石田(2年)
  6.荒谷(3年)
  7.磯村(1年) 
  8.香坂(1年)
  9.小林(1年)
10.森下(3年)・・・7ACE
11.村野(2年)
12.高萩(3年)
13.山本(3年)
14.三輪(1年)→井岡(1年)
15.松重(3年)
〈タッチジャッジ〉山下MG(2年)

◇ 試合結果 0−39
(前半 0−15  後半 0−24)
【応援者】

阪本会長の号令と盟友四條畷高校との一戦でもあり、多くのOBが応援参戦。
遠矢相談役、西本、阪本、原、ガッツ、谷山、辻井、谷田、橋本、矢倉、井田、本田
前顧問小林先生も駆けつけて頂いた。
また、保護者に八尾高生も遠路はるばると。
アウェーであることを考えれば30〜40人あまりは大応援団と言えましょう。

「声援は力なり」 1回戦の応援に来れなかったOB・OGのみなさん、
9/22は千里高校で11:10にキックオフです。
緑が映える千里高校でお会いしましょう!

では、第1戦の部歌斉唱と原副会長のブログを添付します。

  28期 本田 (観戦記)



四条畷高校の地図

平成25年8月2日〜6日
於 菅平
現役夏合宿

現役夏合宿を行いました。
8月2日〜6日
菅平高原 イナリールホテル

原副会長のブログを参照して下さい

平成25年4月28日 KO12:40
於摂津高校
大阪総体リーグ戦2 合同B(八尾高、金光八尾、金光大阪) 対 東大阪大柏原
八尾高はA−2リーグとなります。

下記は28期本田さんの観戦記です。( また、28期原副会長のブログも見て下さい。)

合同B(八尾、金光八尾、金光大阪) 5−36 東大阪大柏原 完敗。

昨年の全国大会予選のリベンジどころかタックルも甘く完敗。
3年前の合同の栄光はどこへやら?
昨年の白熱した試合に出場していた八尾ラガーもベンチを温め、
釈然としないのは私だけであったのであろうか。
プレーのレベルは出場した選手の方が高いはず。
いろんな意味で合同の難しさを改めて知ることになった。
秋の全国大会に向けて高校総体で何を吸収したか。
試合に出場できなかった悔しさ。
公式戦でプレーすることが少なく、ここで経験を積めなかった機会損失。
しかし、これからが始まり。
新しい顧問の先生を迎え、今から、これから。
今まで積み重ねた練習、合同チームで凌ぎを削った正ポジション争い。
全てをこれからの糧として、前を見据えて、
ラグビーのプレーを、ゲーム組立の構想力を、メンタルな戦いや駆け引きを、
最大に楽しめるよう真摯に練習に取り組んでもらいたいと思います。
◇ 日時:2013年4月28日 KO.12:40
   於)摂津高校 天候:晴
◇ 試合メンバー 
 
  前半 4人    後半 3人
  3.林  (3年)  林 (3年)
 
12.松重(3年)  松重(3年)
13.山本(3年)  山本(3年)
14.高萩(3年)
 
◇ 試合結果       5−36
            前半 0−14
            後半 5−22
【試合概要】
府立高校初の人工芝グランドで快晴。

前半早々、柏原の強力なモールで圧倒される。
スクラムも強力で1.5mの歯止めルールが勢いで毎回割増になる始末。
しかし、7分と14分にトライ(ゴール)を許したのみで前半は0-14。
柏原の力に及ばずまずい攻めで点差は意外につかず。
合同八尾もタックルは甘いが、1次2次まではデフェンスラインが揃って
おり、柏原が自滅した感アリ。

後半も同じような展開。
踏み込んだタックルがない、ぶらさがりタックルはある。
昔のようなスマザータックルで直ぐに倒すことがない。
(ルール改正の影響? 脚を掛けて直ぐに倒さない。)
タッチキックがタッチを割らない。
合同八尾は局面では一生懸命に頑張るが、成り行きでゲームがコントロ
ールされていない。
後半は11分、15分、20分、29分と4本トライを奪われ、22分に1本返すも
5-36でノーサイド

【応援者】
八尾OBは久々に高9期の遠矢元会長が来場。
27期阪本会長に28期原副会長、24期の西本さんに私。
何と、九州福岡から28期の稲垣さんもこの一戦に駆けつけてくれました。
若手は65期の上垣君とお洒落な出で立ちで65期奥田君も応援観戦です。
保護者は3年のお母さん、林さん、山本さん、松重夫妻とお会いして挨拶をさせ
て頂きました。
八尾高応援フラッグをお渡しし、今後のご家族の暖かなご支援をお願いしました。

【総評並びに今後の皆様の支援を!】
相手の方が圧倒的に力が上。
こんな場合はキックで陣地を有利に収め、相手エリア陣内で正確なタックル
で攻撃の芽を潰し続け、相手ミスからチャンスを拾い続けるしかない。
合同八尾も攻撃に転じれば突破力もあり、22分のようにワンチャンスを活かす
ことができる。
それまでの辛抱強いデフェンス力とそれを支えるタックルスキルの修養が必要。

頑張れ!八尾高、狐校のラガー達!

28期 本田 (観戦記)

その他高校等スケジュールは下記を参照して下さい。
全国高等学校体躯連盟ラグビー専門部公式サイト

平成25年4月21日 KO11:10
於千里高校
大阪総体リーグ戦1

合同B(八尾高、金光八尾、金光大阪) 19 対 17興国高校
前半 合同B19−7興国高校
後半 合同B0−10興国高校
で勝利でした。


下記は本田幹事長の観戦記です。

今日は2点差の辛勝。
前半15分までは調子よくトライを奪うが、後半は辛抱一本。
自陣ゴール前の判断ミスや、パントのミスでチャンスメイクもなし。
勝ちを拾った感がありますが、次週に勝てば、価値ある一勝。
次戦の東大阪大柏原戦は昨年の全国大会予選のリベンジ
を果たせるタックルがでれば勝機有り。期待しています。

◇ 日時:2013年4月21日 KO.11:10
   於)千里高校 天候:晴朗なれど肌寒し
◇ 試合メンバー 
 
前半 5人    後半 5人
3.林  (3年)  林 
4.村野(2年)  山口(2年)
9.交代 → 森下(3年)
12.松重(3年)  松重(3年)
13.山本(3年)  山本(3年)
14.高萩(3年)

 
◇ 試合結果      19−17
            前半19−7
            後半 0−10
【試合概要】
前日までの雨でぬかるみ、グランドは重馬場で悪し。
前半早々、スクラムは圧倒され押されるものの密集プレイは五分の戦い。
5分 敵陣15mセンタースクラムから、合同八尾FB のライン参加で簡単に裏に抜け出しトライ。5-0
12分 敵陣22mラックから合同八尾SO はまたもや相手バックラインの裏に抜け、ポスト下にトライ。12-0
15分 敵陣10m左ラックからオープン攻撃にてFB ライン参加であっさりとトライを奪う。
19-0
興国はセットプレイは圧倒し、押し気味にゲームを進めるものの、BK ラインのディフェンスは練習していないのか、あっさりと抜かれてしまう。個々の走力や当たりなど攻める力は見劣りしないが、合同八尾のバッキングにチャンスメークできない状況が続く。
29分 八尾陣内にキックで攻めこまれ、ゴール前でのモールを二度三度押し込まれトライを奪われる。19-7
後半に自信を与えた相手のトライとなった。

後半になると、ほとんど合同八尾陣内での試合となる。耐えること16分余り。
16分 興国はゴール正面のPGを決め、追い上げる。19-10
その後も合同八尾陣内での試合が続く。時折、八尾も攻撃に転じるが、ノッコンで数少ないチャンスをつぶすことになる。
24分 自陣ゴール前、敵のプレッシャーが強かったのか、ラックから出たボールを蹴らずに回して潰され、ターンオーバとなり、あっさりトライされる。19-17
その後も合同八尾陣内で試合は続くが何とか凌ぎノーサイド。

頑張れ!八尾高、狐校のラガー達!  
          28期 本田 (観戦記)


千里高校アクセス
阪急 山田駅 徒歩12分
吹田市高野台2-17-1

その他の高校等スケジュールは下記を参照して下さい。
全国高等学校体躯連盟ラグビー専門部公式サイト

平成25年4月1日 新監督 中出先生が新しくラグビー部の監督に着任しました。
小林先生! 8年間大変ご苦労さまでした。


平成25年3月17日
於八尾市南木の本防災公園(旧八尾南高校)
茨木戦 1.試合結果
八尾合同(八尾、金光八尾、金光大阪)5−20茨木
で敗戦でした。

2.下記は阪本会長からのお礼のコメントです。

3月17日参加頂きました八尾高校ラグビー部OB各位

昨日は、茨木高校定期戦にご参加くださいましたOBの皆さん、お疲れ様でした。
試合に出られました方、怪我などありませんか。
今日の仕事に支障はありませんでしたか。大事に至らぬ事を念じております。
また、現役の試合開始前に集合いただき、ライン引きやゴールポストの設置など準備からご協力いただいた方、いつもながらジャージの洗濯、管理をお願いしています大北さん、AF会場 八尾プリズムホールの手配をお願いしました黒田さん、さらに、岡島さん、大北さんの大先輩方 よくぞ応援にご参加くださいました。

その他にも数え上げたらきりがありません。多くのOB諸先輩、後輩の皆さんへ
メールを通じてですが、心より感謝申し上げます。
OB会の活動では、いつも多くの皆さん方に支えられております。
今後もOB会活動ならびに現役支援にご協力下さいますよう、宜しくお願申し上げます。

八尾高校ラグビー部OB会会長
阪本 昌彦

(追伸)矢倉殿 森山殿、門田殿
アドレスが不明ですので転送をお願いします。43湯前君、58山田君、59松田君、59植田君、9芦田君、62近田君、65田仲君、65上

3.28期原副会長のブログへ
平成25年1月20日12:10
於淀川工科高校
新人戦2回戦

合同C(八尾、金光八尾) 13対31 関西創価高校
組み合わせはこちらから
淀川工科高等学校の地図はこちらをクリックして下さい。


下記は本田幹事長の観戦記です。

◇ 日時:2013年1月20日 KO.12:10
   於)淀川工科高校 天候:晴
◇ 試合メンバー 学年の入っているのが八尾高
  先発5人、計7人が出場
  1.中平         
  2.当麻         
  3.林(2年)  
  4.山口(1年) <負傷→村野(1年)
  5.米田        
  6.谷田(1年)→後半)石田(1年) 
  7.藤村    
  8.広瀬         
  9.森
10.枝元
11.米田
12.山本(2年)
13.松重(2年)
14.井上
15.田中
 
◇ 試合結果      13−31
            前半 3−10
            後半10−21
【試合概要】
前半早々、体格では2回りも大きい相手に均整のとれたデフェンスでペースを
つかみ、八尾合同Bkの展開で揺さぶりを掛ける。
4分、攻撃を続ける中でPGを与えてしまい、自陣10mのラインアウトからモール
  を一挙に押し込まれ、トライされる。  0-5
8分、ロック山口(1年)目尻を切り流血で退場。村野(1年)が交代する。
10分、ハーフウェイより創価の右オープン。多重攻撃ではなかったが、合同八尾
  デフェンスが乱れ、八尾の左エンドに穴があき、右コーナに走られトライ。0-10
以後、18分迄一進一退の展開も創価陣内で試合が進み、合同八尾が押し気味。
18分、敵陣10mでのラインアウトからモールで押し込むもゴール前でのラックで
 
  数メートルが進まず、トライに結びつかない状況が続く。
30分、八尾攻めあぐねるも正面でPGを得て、これを決める。  3-10

後半開始早々も八尾合同は前半の勢いで再三、敵陣ゴール前へ進む。
1分、PGを得てこれを決める。   6-10
6分、創価も徐々に劣勢を跳ね返し、八尾陣22mモールからサイドをつき一挙に
  トライを奪われる。  6-17
  (戻った時のデフェンスの弱さか=戻りが遅れ走られるコースを抑えきれない)
9分、ハーフウェイでセンタースクラム3mほど押され、その勢いで左サイドにBk
  展開されそのままトライを奪われる。  6-24
14分、敵陣左22mより八尾左ブラインドサイドを走り込み一挙にトライ。13-24
その後、10分は合同八尾が押し気味に進めるも、再三のノックオンで試合が中
断し、創価ボールとなる。
24分以降は、創価がモール要員を投入し、モールをベースに息を吹き返し、
  合同八尾は劣勢状況が続く。
30分、モールを核にゲームを支配され、ゴール前に迫ったところを左サイドを
  Bkに走られトライを許す。ゴールも決まりノーサイド。   13-31

試合結果は以上です。近畿大会は2回戦敗戦で終了です。
【応援者】
保護者は合同八尾で10人あまり。
八尾OBは先週に続き24期西本さん、28期原さん、33期ガッツ山本さんに私。
(今日は阪本会長は自校の顧問で枚方へ引導。)
また、9年余り顧問をされた石原先生が駆けつけて頂きました。
少し八尾高、応援少ないですね。
家で暇を持て余している人も、休日も仕事で忙しい人も、子供の世話や町内会
の行事で頑張っている人も、春先の国体予選は皆様、応援観戦宜しく!
【総評並びに今後の皆様の支援を!】
体格では関西創価は2回りは大きいが、ラグビーフィットネスは合同八尾に一日の
長あり。Bkの攻撃では再三ゲインラインは確保するが、その前に進めない。
また、その後の攻撃で実にノックオンが多く、連続攻撃が途絶えてしまった。
連続攻撃が続くと八尾のペースになることから、スタミナも優っている。
にもかかわらず、ノックオンやボールを落としてトライチャンスを失ってしまった感が
あり、誠に残念。
この合同チームを強くすることは、秋の単独チーム強化につながります。
どうぞ、若手OBや惑白パンで高校生の良き練習相手になる皆様方は遠慮なく
合同の練習に参画頂ければと思います。
また、相手にならないOBも暖かなまなざしを送って頂きたいと思います。

頑張れ!八尾高、狐校のラガー達!  
          28期 本田 (観戦記)



平成25年1月13日
13:20
於藤井寺高校
新人戦1回戦

合同C(八尾、金光八尾)39対0合同F(旭、泉尾、泉尾工、茨田)で勝利です。
組み合わせはこちらから
藤井寺高校の地図はこちらをクリックして下さい


下記は本田幹事長の観戦記です。

◇ 日時:2013年1月13日 KO.13:20 於)藤井寺高校 天候:晴
◇対戦相手:茨田、旭、泉尾、泉尾工
◇ 試合メンバー   学年の入っているのが八尾高校
  先発5人、計7人が出場
  1.中平          9.森
  2.当麻         10.枝元
  3.林(2年)   11.米田
  4.山口(1年) 12.山本(2年)
  5.米田         13.松重(2年)
  6.谷田(1年)  14.井上
  7.藤村    
  8.広瀬         15.田中
◇交代
  6.谷田(八尾)→石田(1年)
  1.中平(金光)→村野(1年)
◇ 試合結果 41−0 
      前半 17−0
      後半 24−0

【試合概要】
体格では相手校より一回り小粒であるが、フィットネスやスキルが上回り、危なげ
のない試合運びであった。
前半よりボールの支配率も高く、Fw/Bkと一体となった攻撃で、10分、20分、26分
にトライを奪う。
アタック/デフェンスとも2人目、3人目のフォローが少し早ければ(1秒)もっと得点を
取れたと思う。
八尾では、CTBの松重が再三ラインの裏に抜けるので、彼のフォローに着く動きを
覚えることで、トライチャンスは確実に上がる。        前半 17-0

後半5分相手陣内22mからモールを組みそのまま前進を続けトライ。
その後も試合は押し気味に進め、タックルも確実に行うものの、18分迄
一進一退の攻防。攻撃、防御とも淡白な展開でやや中だるみ。
2人目3人目のフォローを早くしてボールの獲得を続ける強い意識が必要。

18分に相手ゴール前スクラムでボールを奪いトライ。
その後は22分、29分とBkの展開とFwの前進/サイド攻撃等でトライを重
ねた。   後半 24-0   計 41-0

近畿大会1回戦勝利 次戦はシード校の関西創価戦。
タックルと攻防での早く分厚いフォローが勝利への鍵。
頑張れ!八尾高、狐校のラガー達!  
【応援者】
OBは高31期の「クモ」こと寺島氏が久々に駆けつけてくれた。
藤井寺高校近くの高鷲中学の先生をしているとのこと。
黒く日焼けし、テニス部の顧問とのことであるが、生徒には
「八尾高でラグビーせい!」と唱えてはいるが・・・とのこと。
OBは阪本会長、24期西本氏に33期近田氏(高体連?)と私。
アクセスが悪さか、応援者が少ない。次回に期待。

八尾高校ラグビー部OB会
『かわちのラガー』
  幹事長 高28期 本田佳司

平成24年9月23日
於生野高校
12:20KO
全国大会予選リーグ戦2

八尾高校3対33東大阪大柏原 敗戦
試合日程及び結果は下記大阪府ラグビー協会のサイトを参照して下さい。
全国大会大阪府予選組み合わせ


下記は28期本田幹事長のコメントです

八尾高校、好タックル並びに一糸乱れぬデフェンスライン

とバッキングで前半29分まで、0−0。

レフリーが時計に目を置き、ラストワンプレーのところ、

トライを許し、0−7でハーフタイム。

後半は地力に勝る東大阪大柏原に4トライ3ゴールを

奪われ、3−33にてノーサイド。

第2戦も随所に誠実なタックルで、今ある力は出しきった

試合であったと感じました。

この試合で3年生最後の公式戦は幕を閉じました。

「三年ぶりの全国大会予選、一つの勝利!」を置き土産に

精一杯頑張りました。

さあ、明日から次の目標に向かって新たな歩みの始まりです。

では、第2戦の試合概要を以下の通り報告します。

◇ 日時:2012年9月22日(日) KO.12:20

◇ 生野高校 天候:晴 グランド:重馬場

◇ 試合メンバー 

1.林  (2年)
2.田仲(3年)
3.河内(2年)
4.村野(1年)
5.山口(1年)
6.奥田(3年)
7.谷田(1年) 
8.新庄(3年)
9.森下(2年)
10.紀平(3年)
11.松重(2年)
12.和田(3年)
13.山本(2年)
14.高萩(2年)→伊谷(1年)→荒谷(1年)
15.井田(3年)
後半22分 14.高萩→伊谷
後半26分 14.伊谷→荒谷 (脳震盪にて)

〈タッチジャッジ〉谷田MG(3年)

◇ 試合結果 3−33

(前半 0−7  後半 3−26)

【試合概要】 <前半>
前半は東大阪大柏原のBKライン攻撃に八尾は果敢にタックルで応戦。
1分 タックルでノッコンを誘い、その後もタックルで相手チャンスの芽を潰す。
3分 12和田のオープンデフェンスでのタックルや14高萩のバッキングでの
タックルが光る。
スクラムは一方的におされるものの、BKの整ったデフェンスラインとFWの
バッキングデフェンスが安定し、柏原のライン攻撃は再三のノッコンで自滅
ボール支配は八尾:柏原=3:7 であるも安心してゲームを見守ることができた。
※負傷欠場している主将上垣君が的確な声の指示でゲームをコントロール。
  指示は中断することなく、大声を張り上げて60分フル参戦。
  八尾のメンバーは彼の声を耳で聞き、心で受け止めプレーに専心。
29分 柏原、八尾陣内10mよりキックで左サイド(八尾側より)22mボールが
転がり、上手くキャッチされ左タッチライン走られ、ゴール中央へトライを与える。
前半 0−7

<後半>
後半、柏原はBKライン攻撃からFWでモールとサイド攻撃に一転して切換え。
(ハーフタイムでコーチからFW攻撃で突破を図るよう指示が出た模様)
5分 八尾右ゴール前、モールを押されトライを許す。ゴール入り、0−14
8分 八尾陣内22m中央付近をモールで前進され、八尾防御の足を止め、
右バックラインのデフェンスを崩しトライ。ゴール入り、0−21
13分 後半はラインアウトからピラーデフェンスの甘さを突かれ、モール攻撃
に持ち込まれ再びトライを許す。ゴール入り、0−28
14分 15井田が変幻自在のサイドステップで好走。3分程、八尾が連続して
攻撃を仕掛ける。1トライ奪取へ柏原ゴールへ迫るが、一歩及ばず。
18分 八尾FWとBKの連続した攻撃でペナルティーを誘う。PGを返し、3−28
22分 またもや柏原モールからトライを奪われ、3−33
その後、最後のホイッスルが鳴るまで、一進一退の攻防が続いた。
ノーサイド

【総評】
チームは前回の試合から一段ステップアップしました。
体格、スキルともに合同Kをはるかに上回る相手に前半は互角の戦い。
後半は戦法を変えられ、地力の差を見せられましたが、
ラインアウトからのピラーデフェンスやモールの防御を身につければ
ゲームの展開は変わったかもしれません。
この試合でより強い相手にどうすれば勝てるか。
どんなプレーを身につければよいか、
考えるヒントを身体で感じたことと思います。

【応援者】

保護者、OBに八尾高生やスクール関係者、総勢88名の大応援団となり
ました。当日の生野高校での公式戦では最も多かったかもいれません。
「声援は力なり」 今後共々、皆様の応援で八尾高校ラグビー部のサポート
を宜しくお願い申し上げます。

 28期 本田 (観戦記)

平成24年9月16日
於四条畷高校
11:10

全国大会予選リーグ戦1

八尾高校33−0合同K(初芝立命館・農芸・泉北・堺工科・精華) 勝利

28期原副会長のブログ

もしくは、 下記28期本田幹事長のコメントを参照してください。

八尾高校、三年ぶりの全国大会予選、勝利!
33−0 で合同Kチームをシャットアウト。
全員、誠実にタックルをしたことが、勝利につながりました。

次回第2戦は、9/23(日) 12:20キックオフ 
会場は生野高校グランドです。
(近鉄南大阪線 河内松原駅)

対戦相手は東大阪大柏原高校となります。
皆様の応援観戦を宜しくお願いします。

さて、第1戦の試合結果は以下の通り。
◇ 日時:2012年9月15日(日) KO.11:10 於)四條畷高校 天候:晴
◇ 試合メンバー 
1.林  (2年)
2.田仲(3年)
3.河内(2年)
4.奥田(3年)→村野(1年)
5.山口(1年)
E.上垣(3年)→奥田(3年)
7.谷田(1年) 
8.新庄(3年)
9.森下(2年)
10.紀平(3年)
11.松重(2年)→荒谷(1年)
12.和田(3年)
13.山本(2年)
14.高萩(2年)
15.井田(3年)

前半10分負傷 6.上垣→4.村野 4.奥田→6.に
後半20分 11.松重→荒谷

〈タッチジャッジ〉谷田MG(3年)

◇ 試合結果 33−0
(前半 14−0  後半 19−0)

【試合概要】 <前半>
試合開始4分間、合同のアタックが続くが八尾はタックルを確実に決め
ハーフライン近辺での攻防が続く。

4分過ぎ、八尾がボールを支配し始め、敵陣10mモールサイドから
新庄8が抜け出し30m走破、フォローについた奥田4に繋ぎ先制トライ。
ゴールも決まり、 7−0

八尾はマイボールになるとゲインラインを再三突破し、リズムをつかみ
だした10分過ぎ、ボールによく絡んでいた主将の上垣6が、サイドを突破
したところ接触プレーで肘を脱臼。(負傷退場※)

その後10分間は、一進一退の攻防。

20分、敵陣10mで高萩14の好セービングから、紀平10のキックで前進。
和田12がキャッチ、井田15へ繋ぎトライ。 ゴールも決まり、 14−0

<後半>
3分、相手キックをハーフライン付近でキャッチしラックから森下9が
テンポの速い球出しで田仲2へ。
田仲が右ライン際を40m独走し、そのままトライ。ゴール×で 19−0

その後、八尾は敵陣22m付近での攻防で攻め続け、インゴールへ再三
迫るが、最後に小さなミスやフォローが遅れゴールを割れず。

17分、?(井田か新庄、和田)のステップで好走し、フォローした松重11
が直線的に一挙にゴールへ駆け抜け、トライ。 ゴール成功で 26−0

25分、敵陣10m、No.8新庄がサイドを割って突進し、ステップを踏み替え
ゴールまで走破し、トライ。 ゴール成功で 33−0

新ジャージ袖おろしを初勝利で飾ってくれました。

※上垣君の負傷状況
脱臼した肘は上手く入ったとのこと。
まずは切開手術に至らず一安心です。
但し、当直に専門医がいなかったようで痛みが治まるのに時間を要した
ようです。


【総評】
序盤はボール支配率はほぼ互角であるが、体格の大きな相手に八尾
は好タックルで勢いの芽を摘み取っていました。
全般にわたってデフェンスのバッキングも比較的安定しており、合同に
チャンスらしい攻撃を展開させなかった一回戦の試合経緯となりました。

オープン攻撃では2人目3人目のフォローが遅れ、トライチャンスをもの
にできなかった面があります。
プレーの展開に、0.5~1.0秒の反応遅れが生じ、ラインの裏に出たチャ
ンスメークに3m~7mの距離が届かない。
ボールの動向に注視し、ほんの1秒反応を速くする必要があります。

細かな部分はまだまだですが、今が一番チームの伸び代が大きな
時期です。チームを牽引している主将の上垣君も負傷となり、とりわけ
若手OB諸氏の力添えが必要と考えますので、サポート宜しくお願いします。

【応援者】
若手OBは61期金原、高原らに63期河本、小林ら世代が7~8名。
シニアは40期松岡や43期矢倉など。
阪本会長はジャージを着込んで応援観戦もあり、OB応援団は久々に10名超え。
保護者も10名近くが観戦。
いつもながら八尾高の同級生も10名ほど。いずれも3年か。
現役諸氏も3年だけでなく、1年2年も保護者と同級生を誘って下さい。

今回は総勢でおそらく40名近い応援となった。
「声援は力なり」 次の試合は100名応援団でサポートしましょう。

平成24年8月3日〜7日 現役夏合宿 8月3日〜7日
菅平高原イナリールホテルにて現役夏合宿が行われました。
28期原さんのブログも参照してください。
平成24年4月29日11:10KO
於万博運動場
大阪総体リーグ戦2

合同B(八尾高校、金光八尾)対合同F
不戦勝となりました。
リーグ1位は日新高校となり、大阪府国体予選はこれで終了となります。

平成24年4月15日12:20KO
於万博運動場
大阪総体リーグ戦1 合同B(八尾高校、金光八尾)対日新高校
大阪府ラグビーフットボール協会の試合日程

◇ 試合結果 7−33 
      前半 7−14
      後半 0−19

◇ 試合メンバー 記載部分が八尾高校
1.河内(2年)
2.田中(3年)

4.
5.
6.
7.上垣(3年)
8.新庄(3年)
9.
10.
11.
12.和田(3年)
13.松重(2年)
14.紀平(3年)
15.井田(3年)

【試合概要】
序盤はほぼ互角の戦い。
日新高校はモールに強みを持ち、モールからの攻撃は一日の長あり。
トライを先制されるもタックルでよく凌ぎ、展開力では八尾合同がやや勝る。
1トライを返すも終盤にトライを許し、前半は7−14で折り返す。
ゴールに再三迫るが、突破できる走力、あるいは分厚いフォローが不足。
後半に入ると、
日新の安定したモールプレーからラック・モールサイドの
八尾合同のデフェンスが徐々に甘くなり、オープンプレーでのタックルも
甘くなる。(高く踏み込めないタックルが目立ちだす)
対し、日新は接戦での突破が一歩前へ出ることができ、攻撃に勢いが増す。
結局、合同八尾はノートライ、日新は3トライ2ゴールをあげ、7−33で
ノーサイド。
終わってみれば、得点差が実力。
日新高校は確実に前進できるモールプレーを身につけているように、基本
プレーの精度が一枚上。
練習の成果が確実に基本プレーに刷り込まれている。

         28期 本田 (観戦記)

平成24年1月15日11:00KO
於四条畷高校
近畿大会予選1回戦

◇ 日時:2012年1月15日 KO.11:00 於)四條畷高校 天候:曇り

◇ 試合メンバー名前記載はは八尾高校(学年)
1.河内(1年)
2.田中(2年)

4.奥田(2年)
5.
6.
7.上垣(2年) 
8.新庄(2年)
9.
10.
11.松重(1年)
12.和田(2年)
13.
14.高萩(1年)
15.井田(2年)


◇ 試合結果 5−12 
  前半 0−0
  後半 5−12
【試合概要】
前半は畷Fw圧力が強く八尾合同陣内で試合が進むも、タックルでよく凌ぎ、0-0。
特にタックルで相手の再三のチャンスの芽を摘んでいました。
後半になると八尾合同もラックサイドやオープン攻撃でイ両校の攻防が続き、
後半15分までイーブンの展開で0-0。
八尾合同が徐々に攻めの機会が増えてきた矢先、
畷ペナルティを得て一瞬の隙にNo. 8に50m走られ、ポール中央にトライ、0-7。
そして10分後の25分、八尾陣内10mでのラインアウトでマイボールのスロー
イングミスから畷にボールを奪われトライを許す。0-12
再び八尾合同攻めに転じ、終了間際にFw -Bkの一体攻撃でプレーが連動し、
1トライ返すもノーサイド。 5-12

試合結果は以上です。近畿大会は1回戦敗戦で終了です。

【応援者】
八尾高の保護者、少々。
OBは63期河本君ら数人、シニアは33期ガッツ山本氏に28期の池村MGと私。
池村さんは夫婦で来場し、旦那は四條畷側へ、奥さんは八尾側で応援です。
対して、
四條畷グランドというインセンティブがあるものの、畷OBは70歳超~50歳前後多々。
保護者も多数(15人くらい)で、畷のフラッグをOBに配り、我が子に熱い声援を送って
いました。
少し八尾高、応援少ないね。
家で暇を持て余している人も、休日も仕事で忙しい人も、子供の世話や町内会
の行事で頑張っている人も、春先の国体予選は皆様、応援観戦宜しく!

【総評並びに今後の皆様の支援を!】
合同と言えど、上垣君が統合キャプテンとしてチームを率い、八尾高生は15人中
9人が出場しました。金光八尾の先生も自高と分け隔てなく指導頂いています。
FwとBk均衡のとれたチームとして成長しています。
今回は負けはしましたが、
シード校となった淀工と昨年の春に互角にわたりあった四條畷高校相手に今日の
試合ぶりは、今後に可能性を感じさせるチームと言えます。
この合同チームを強くすることは、秋の単独チーム強化につながります。
どうぞ、若手OBや惑白パンで高校生の良き練習相手になる皆様方は遠慮なく
合同の練習に参画頂ければと思います。
また、相手にならないOBも暖かなまなざしを送って頂きたいと思います。
(追って練習計画をアップします。)
頑張れ!八尾高、狐校のラガー達! 

 28期 本田 (観戦記)

平成23年11月13日
於東大阪多目的球技場
八尾ラグビーカーニバル 八尾高校金光八尾合同チーム12対19上宮太子高校
平成23年9月18日
於布施高校
全国大会予選リーグ戦2 八尾高校5対31合同B(枚方高校、津田高校)で敗戦でした。
これで3年生64期は引退となリます。ご苦労様でした。
平成23年9月11日
11:30KO
於近大附属高校
全国大会予選リーグ戦1 八尾高校12対68早稲田摂陵高校で敗戦でした
平成23年7月31日〜8月4日
於菅平高原
現役合宿 菅平高原イナリールホテルにて現役合宿を行いました。

下記は小林先生からの報告です。
7月31日
スキルアップ講習会20分2本 午後:岐阜県・可児工業 53‐0 (勝)
8月 1日
スキルアップ講習会20分2本 午後:長野県・合同(長野工業、長野) 15‐5 (勝)
8月 2日
スキルアップ講習会20分2本 午後:愛知県・長屋市立工業12-14(負)
8月3日
練習試合20分3本 午後:富山県・富山商船  24‐52 (負)

全国大会大阪府予選に向けて、単独で戦うためには、もう一回り成長しない厳しい現状が待っています。部員と一緒に頑張ります。よろしくお願い致します。

尚、OBの合宿参加は、24期西本・61期門田・62期赤壁・63期小林、稲葉
(敬称略)の5名が参加し、現役をサポートしました。
ありがとうございます。
平成23年5月1日
於四条畷高校
大阪総体リーグ戦3

●日程場所対戦相手等
5月1日 13:00KO 於 四條畷高校
合同K(八尾、金光大阪、金光八尾)対合同G(枚方津田、北かわち皐ヶ丘、門真なみはや、野崎、緑風冠)
八尾は8,9,10,12が先発として出場
●コメント
フォワードバックスとも基本的なスキル満たされており、チームとしてもそこそこ完成されている。
相手は標準的な合同チームであり、順調にトライを重ねて勝利。
本リーグ戦は3勝0敗で1位となったが、Vリーグ(一番下のリーグ)のためこの試合で終了。
また、合同チームは本試合で解消となります。
●試合結果
合同K 55−0 合同G
前半合同K 29−0 合同G
後半合同K 26−0 合同G
●前半
・合同K自陣から回し10裏に抜けセンター15と回し独走トライ、ゴール不成功
合同K5−0合同G
・合同K自陣から22mから左に回し連続攻撃、途中ペナルティーを得て、
フォワード突っ込み、最後は左に回してトライ、ゴール不成功
合同K10−0合同G
・合同K相手ゴール前からフォワード攻撃、No.8橋本力突進し持込トライ、ゴール不成功
合同K15−0合同G
・合同K相手スクラムを押しボール奪い、攻撃そのまま縦に押し込みトライ、ゴール成功
合同K22−0合同G
・合同G攻撃を合同Kターンオーバーバックスに回しトライ、ゴール成功
合同K29−0合同G

●後半
・合同Gキックを合同Kフルバック取り、11に回し独走トライ、ゴール不成功
合同K34−0合同G
・相手ゴール前合同Kモール攻撃、押し込みトライ、ゴール成功
合同K41−0合同G
・合同K相手ゴール前スクラムからNo.8再度攻撃、パスしてトライ、ゴール成功
合同K48−0合同G
・合同K自陣スクラムから右に回攻撃、最後はラックから右に回してトライ、ゴール成功
合同K55−0合同G
平成23年4月24日
於常翔学園
大阪総体リーグ戦2

●4月24日 11:00KO 於常翔学園
●合同K(八尾、金光八尾、金光大阪)対合同H(刀根山、東淀川、北淀)
八尾は4人もしくは5人出場。
●合同K46−0合同H
前半合同K22−0合同H
後半合同K24−0合同H
●感想
フォワード、バックスともタックル、パス、セットプレーなど、基本プレーがそれなりに出来ていた。
昨日からの雨でグランドはぬかるんでいたが、目立ったパスミス等なく、 チームとしてもそこそこ仕上がっている。 トライシーンは単発に抜けるケースが多く、少し強いチームの場合連続攻撃でどこまで相手をくずすことが出来るかがポイント。
合同チームとしては上位の力を持っているが、今回のリーグ戦は一番下のVのリーグであり、一般的な合同チーム相手では 今回の点差は当然かと思う。
1月の近畿大会予選時とはチーム編成(近畿大会予選時は八尾と金光大阪の合同チーム)が違うが、その時点で感じた力なさは無くなってきている。●前半
・合同K相手ゴール前からフォワード攻撃、つっこみそのままトライ、ゴール不成功
合同K5−0合同H
・合同K相手敵陣で連続攻撃最後は抜けだしトライ、ゴール成功
合同K12−0合同H
・合同K相手陣でペナルティーを得て攻撃、最後は左に回してトライ、ゴール不成功
合同K17−0合同H
・合同K,中盤付近での相手攻撃をターンオーバー、そのまま左に回してウィング独走トライ、ゴール不成功
合同K22−0合同H

●後半
・合同K中眼スクラムから左に回しバックス抜けだしそのままトライ、ゴール不成功
合同K27−0合同H
・合同K、相手ゴール前、縦に攻撃、そのまま抜けだしトライ、ゴール成功
合同K34−0合同H
・合同K,相手陣地で連続攻撃、抜けだしトライ、ゴール不成功
合同K39−0合同H
・合同K、中盤から左に回しフルバック抜けだしそのままトライ、ゴール成功
合同K46−0合同H

ノーサイド

平成23年4月17日
於生野高校
大阪総体リーグ戦1

4月17日(日)第66回大阪総体リーグ第1戦の結果を報告します。 対戦校:大阪市立・高槻・寝屋川高校の合同チーム
前半 31−0
後半 21−10
52−10で勝利

平成23年1月16
於堺東高校
近畿大会大阪府予選

合同(八尾、金光大阪)10ー58浪速高校
前半合同(八尾、金光大阪)5−38浪速高校
後半合同(八尾、金光大阪)5−20浪速高校

●前半
・浪速中盤から右に回し抜け出しトライゴール成功
合同(八尾、金光大阪)0−7浪速高校
・浪速、合同ゴール前からモール攻撃、押し込みトライ、ゴール成功
合同(八尾、金光大阪)0−14浪速高校
・合同連続攻撃から相手陣地に攻め込む、右サイドスクラムから攻撃
ペナルティーを得て、突っ込み、押し込みトライ、ゴール不成功
合同(八尾、金光大阪)5−14浪速高校
・浪速左サイドスクラムから右に回し、簡単にバックス抜ける、トライ、ゴール成功
合同(八尾、金光大阪)−浪速高校
・合同自陣ラインアウトを浪速奪い、右に回して抜けトライ、ゴール不成功
合同(八尾、金光大阪)5−26浪速高校
・浪速、合同ゴール前からラインアウト、モール攻撃、押し込みトライ、ゴール不成功

合同(八尾、金光大阪)5−31浪速高校
・合同攻撃を浪速ターンオーバー、左に回して、トライ ゴール成功
合同(八尾、金光大阪)5−38浪速高校

バックスが簡単に抜かれるシーンがかなり多く、また相手フォワードのモール攻撃にはただ押されるのみで残念。

●後半
・浪速、合同ゴール前から突っ込みそのまま押し込みトライ、ゴール不成功
合同(八尾、金光大阪)5−43浪速高校
・合同、相手陣で攻撃、右に回してトライかと思われるが、最後でパスミス。
・浪速、合同ゴール前で幾度と無く攻撃、最後は浪速ペナルティーから突っ込み、
押し込んでトライ、ゴール不成功
合同(八尾、金光大阪)5−48浪速高校
・合同、攻撃でモール、ただボールが手につかず、浪速ボール奪い、
そのまま走りトライ、ゴール不成功
合同(八尾、金光大阪)5−53浪速高校
・合同、浪速ゴール前での攻撃、ペナルティーをもらい、八尾キャプテン橋本君
強引に突っ込み、そのまま約10m突破しトライ、ゴール不成功
合同(八尾、金光大阪)10−53浪速高校
・浪速、合同ゴール前のラインアウトからモール攻撃、押し込みトライ、ゴール不成功

合同(八尾、金光大阪)10−58浪速高校

●感想
バックスが相手の1次攻撃で簡単に抜かれるパターンが多く、実力差大きい。
また、ファワードも相手モール攻撃に対して、対抗するというケースも少なく、こちらも
実力差が大きかった。
パワー、スピード、スキル等今後の課題でした。
現役頑張って下さい

平成23年1月8日12:00KO 合同チーム東西対抗戦 3年生舩倉君が下記第3回合同チーム東西対抗戦 12時キックオフに出場予定でしたが、負傷により不出場となりました。

本大会は合同チームから選抜された東西の代表が全国大会決勝戦の前に対戦するものです。舩倉君は大阪選抜、近畿選抜、更には菅平でのセレクションを経て、西軍代表に選ばれ、本大会に出場予定でした。
平成22年9月26日
13:30KO
於淀川工科高等学校
全国大会リーグ戦第2戦

八尾高10−36汎愛高校 で敗戦でした。
八尾も攻撃の機会は多かったもののミスや力不足でトライ1本のみ。
一方、汎愛はちょっとしたスキをついてのトライ、及び後半のモール攻撃が有効で
八尾を突き放す結果となりました。
これで、3年生は引退となります。

前半
八尾高3−17汎愛高校
後半
八尾高7−19汎愛高校

試合経過
前半
5分までは一進一退
八尾スクラムから右に攻撃するがパスミス、汎愛キックで大きくけり込み
そのまま拾いトライ、ゴール不成功
八尾0−5汎愛
八尾敵陣において、ラインアウトなど数回チャンスあるも、ミスが多く取りきれず。
八尾敵陣ラインラインアウトからのモール攻撃で押し込み、バックスに回し
ドロップキック、成功。
八尾3−5汎愛
汎愛スクラム、汎愛フットアップから八尾速攻で攻撃続けるが、最後はキックが
タッチに出る。
前半、何回か攻撃するが、トライには至らず。
汎愛、ペナルティーキックをタッチキック、その後ラインアウトからモール攻撃
トライ、ゴール不成功
八尾3−10汎愛
全体的に八尾ミス多い、
汎愛自陣から連続攻撃、最後はあっけなく抜けだし汎愛トライ、ゴール成功
八尾3−17汎愛
八尾ペナルティー狙うが不成功
その後、八尾攻撃する機会あるも、結局トライ奪えず
前半終了

後半
後半開始から八尾も気合いを入れ直し、汎愛ボールターンオーバー等で切り返す。
八尾敵陣ラインアウトから右に回し、No8ライン参加そのまま抜け出しトライ、ゴール成功
八尾10−17汎愛
汎愛八尾22m付近からモール作りそのまま押し込みトライ、ゴール成功
八尾10−24汎愛
八尾キックオフのボール汎愛取り、モール攻撃、大きく前進。
汎愛のモール攻撃に八尾防げない状況が目につき始める。
汎愛、八尾ゴール前のラインアウトからモール攻撃、そのまま押し込みトライ
ゴール不成功
八尾10−29汎愛
汎愛のモール攻撃防げない。
汎愛ラインアウトから右に回し、簡単に抜ける、そのままトライ、ゴール成功
八尾10−36汎愛
以後、お互い攻撃と防御によく戦うが、トライ奪えず。
ノーサイド

平成22年9月12日
12:20KO
於堺東高校
全国大会リーグ戦第1戦

八尾7−10合同(市岡、大手前)で敗戦
前半八尾7−5合同(市岡、大手前)
後半八尾0−5合同(市岡、大手前)

・前半
前半開始から約10分はお互い一進一退
八尾中盤から連続攻撃、相手ゴール前まで進む
八尾ペナルティーキックからフォワード突っ込みトライ、ゴール成功
八尾7−0合同(市岡、大手前)

合同チーム連続攻撃から八尾ゴール前まで攻め込むがタッチに押し出される
徐々に合同反撃

八尾自陣ゴール前スクラムからタッチキック、合同キャッチ、
左に回し、合同ウィング走りトライ、ゴール不成功
八尾7−5合同(市岡、大手前)

八尾キックオフから攻め込む
右に回してバックス抜けるが、パスミス、惜しい

その後、八尾数度トライチャンス有り、結局攻めきれずトライ取れず。
このあたりでトライが取られなかったのが痛かった

・後半
前半の後半で八尾がトライ取れなかった流れを受け、合同のペース
約10分間、合同八尾陣地内で試合を支配。

八尾、スクラムからハーフつぶされ、合同右に攻撃、ウィングトライ、ゴール不成功
八尾7−10合同(市岡、大手前)

トライを取られてから、八尾盛り返す、中盤付近での攻防

八尾、中盤ペナルティーから速攻、相手ゴール前まで進むがペナルティー取られ
逆転成らず、約40m進むが、ゴール前で止められる、惜しい。

八尾、中盤ラインアウトから右に回し、バックス抜けだし、ウィングに回し、トライ
と思われたが、捕まりトライ成らず。これも、惜しい
その後、ゴール前から、ラック、モールで押し込むが押し切れず。

以後、合同チームが八尾ゴール前まで攻め込む、八尾も踏ん張る。
八尾、自陣ゴール前から最後の攻撃を仕掛けるが、抜け出せない。

ノーサイド

何度も、トライチャンスが有ったものの、生かしきれなかったこと、及
相手チームの最後の最後での防御に対する粘り、その当たりが勝敗の分かれ目でした。

 

尚、今年からリーグ戦のため、
9月26日、対汎愛高校との結果により、勝ち残りチームが決定致します。

平成22年8月2日〜6日
於菅平イナリールホテル
現役夏合宿

現役夏合宿が菅平高原イナリールホテルで行われました。
28期原さんのブログも見て下さい。

平成22年7月27日〜29日 第6回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会 3年生キャプテン舩倉が近畿選抜のキャプテンとして出場し、近畿選抜は見事優勝しました。
下記は小林先生からのメールです

全国合同大会(U-18)に近畿選抜選手として出場しました。舩倉について報告させて頂きます。
7月27日の予選リーグは、中国選抜・東北選抜を破り2勝し、決勝リーグ(カップ戦)へ進出。
7月28日は午前・午後ともに講習を受けました。
7月29日の決勝リーグは、北海道選抜・関東選抜に勝ち、見事優勝しました。近畿選抜は、この優勝で5連覇を達成しました。
この近畿選抜の主将を務めました。あとは、全国合同(U-18)東西対抗があります。このメンバーに選出されると来年1月7日に花園での試合となります。(全国高校大会決勝の前座試合です)

尚、試合結果は日本ラグビーフットボール協会HPを参照して下さい。
平成22年7月24日
八尾高校
先輩に話を聞く 28期三宅副会長が現役にラグビー談義を行いました。
詳細は原副会長ブログを参照して下さい。
平成22年6月20日
於八尾高校
OB総会 OB総会を行いました。みなさまのご協力ありがとうございました。
14:30〜 現役対OB 試合
現役トライ1本 OBトライ7本 OB勝利
16:00〜 OB総会
17:15〜 懇親会
平成6月12日、13日
於大阪体育大学
第8回関西高校少人数校ラグビー交流大会

小林先生より下記連絡です。

第8回関西高校少人数校ラグビー交流大会へ近畿選抜A・B選手として、本校から舩倉・峰平・河本が選出されました。大阪からは、3月に行われた近畿少人数交流大会の大阪選抜選手は、全員選出されているようです。(大阪は、レベルが高い事が証明されています)

 6月12日(土)関西少人数校ラグビー交流大会・開会式・予選
6月13日(日)関西少人数校ラグビー交流大会・決勝プール・閉会式
両日とも大阪体育大学グランドで行われます。

平成22年5月16日
於花園第3G
10:00KO
大阪総体7−8位順位決定戦 合同C19−30近大附属高校で敗戦でした。

下記は小林先生からです
本日の7・8位決定戦は、19-30で敗れました。前半19-15で折り返す。後半先に1トライ取れなかった事が大きい。12分にトライを奪われ19-25となる。24分まで一進一退の攻防が続く。ここでトライが取れなかった事が敗戦に繋がった。選手達はよく頑張りました。
平成22年5月9日
13:45KO
於同志社香里
大阪総体5−8位順位決定戦

八尾高ラグビー部OB会のみなさまへ

5月9日に行われました、大阪総体5−8位決定戦、1回戦は
合同C(八尾、金光八尾、金光大阪)5−89同志社香里で敗戦でした

・下記は小林先生からのメールです。
同志社香里戦は、5-89のスコアーで敗れました。FW・BKSともに前に出られしまい、ボールを繋がれてしまいました。
来週16日は、7・8位決定戦で近大附と対戦します。失うものは何も無いのでがむしゃらにいきます。教員生活で初めて公式戦で母校と対戦する事になりました。何としても、勝って春の総体を終わりたいです。

・下記は27期阪本さんの試合報告です。
さて、今日の現役の試合は完敗の一言です。前半 5−41後半 0−48何とか100ゲームにならずにすみました。個人のスピード、パワーそして技術すべてが大阪の上位校ならではのものを見せつけられました。前半、ゴール前ラインアウトからモールで押し込み、トライを取るのが唯一でした。

尚、 次戦は5月16日 花園第3グランド(東大阪多目的グランド) KO10:00合同C対近大附属高校です。OBのみなさまの応援よろしくお願い致します。

平成22年5月2日
12:15KO
於摂津高校
大阪総体リーグ戦3

vs都島工業
合同C20−17都島工業で勝利でした。

八尾高は1,2,3,8,10,15が出場

前半
・試合開始早々、都島キックで攻撃。
合同C22m付近でキックキャッチするがつぶされ、ボール奪われ
合同Cペナルティー取られる、
都島ペナルティーからモール攻撃そのままトライ、ゴール成功
合同0−7都島工業
・都島合同22m内にキック、合同Cキャッチし蹴らず、攻撃するが
つぶされ、、ミス、ボール拾われ独走される。ゴール不成功
合同C0−12都島工業
・前半早々にキック処理のミスから、2本取られる。
都島のキック処理に対処できていない。このまま、一方的になるか不安がよぎる
・前半中盤から落ち着き始める、また攻撃も徐々に開始。特にバックスが回して、 都島の裏に抜け出し始める、但し、最後のところで、防がれる。
・前半終了間際、合同C連続攻撃、都島工業22m内まで攻め込む。
合同Cペナルティーを得て、速攻、そのまま抜けだしトライ、ゴール不成功
合同5−12都島工業
狙わず、直ぐに攻める姿勢が生んだトライ。

後半
・後半開始早々から合同C優勢で試合を運び、徐々に主導権を得る
・都島自陣からキック、合同C中盤でキャッチし、攻撃、合同Cセンター抜けだし、 独走そのままトライ、ゴール成功
合同C12−12都島
同点、合同C優勢
・更に合同C攻撃続ける。フォワードバックステンポよく連続攻撃
都島ゴール前まで迫る。
合同Cペナルティーから速攻、押し切れずトライならず。
但し、都島ペナルティーから合同Cショット狙い成功
合同C15−12都島
逆転。
合同Cのバックス攻撃が有効、大きくゲインを得ている。
・合同C攻撃続けるがボール取られ、都島22m内からタッチキック、
キック出ず、合同C直ぐにボールを入れ、右に回す。
最終的に右隅にトライ。ゴール不成功
合同C20−12都島
常に前に出る気持ち、攻める気持ちが都島の防御に勝る。
見ていて気持ちのいいトライ。
・残り約5分、勝利が見えてくる。一方都島が盛り返す。
都島合同C内で何度もモール攻撃を仕掛けるが、合同C簡単には押し込まれず。 持ちこたえる。
その後、都島ペナルティーから、攻撃し左隅にトライ、ゴール不成功
合同C20−17都島工業

ノーサイド

前半早々ミスから2トライ奪われるが、合同Cの前に出る気持ち、攻撃する気持ちが
都島工業に勝った試合です。



平成22年4月25日
10:00KO
於常翔学園
大阪総体リーグ戦2

合同C(八尾、金光大阪、金光八尾)19−41常翔学園で敗戦でした。
前半合同C12−24常翔
後半合同C7−17常翔
八尾は1,3,5,10,15が出場

総合力では常翔に分がありましたが、タックル、パス、スピードなど
個々の局面ではほぼ互角の戦いでした。

5月2日リーグ戦3回戦(最終戦)都島工業と対戦です。
於摂津高校、12:15KO
過去の試合結果から拮抗した試合が予想されます。
都島工業に勝てば、リーグ戦2位となります。

(前半)
・常翔トライ、ゴール不成功
合同C0−5常翔
・常翔中盤付近スクラムから左に回すがパスミス、合同Cバックスボール拾い そのまま約50m独走トライ、ゴール成功
合同C7−5常翔
・キックオフから常翔連続攻撃最後は常翔バックス個人技で
抜けだしトライ、ゴール不成功
合同C7−10常翔
・合同22m付近の常翔ラインアウトからモール攻撃
ゴール前まで攻め込まれるが、何とか防ぐ。
一気に押し込まれないあたりそれなりに力があると感じる。
・常翔、合同ゴール前ラインアウトからモール攻撃、
押し込まれ常翔トライ、ゴール成功
合同C7−17常翔
・八尾自陣からキック、常翔キャッチしキック、
八尾キャッチするがターンオーバーされ、そのまま連続攻撃される
最後は左に回され、常翔トライ、ゴール成功
このあたり、チャンスと見ると一気に攻撃にを仕掛けるあたり
さすが常翔
・このままずるずる行くかと心配するが、合同Cもタックルから
連続攻撃を仕掛ける、ノッコンなどのミスで攻撃途絶えるが、
攻撃に回ったときは、十分戦える力を見せる。
・合同C敵陣ラインアウトから右に回す、バックスラインブレーク
ポイントから素早く右に回し、バックス抜け出しそのままトライ
テンポ、パス回し、スピード互角の攻撃、ナイストライ、ゴール不成功
合同C12−24常翔
・合同C中央付近からショット選択、ゴール不成功、常翔けり出し
前半終了

(後半)
・後半開始、常翔のキープレーヤーに単発で抜かれることを
心配するが、よくタックルに行き、防ぐ。
・合同C,常翔陣内でペナルティーを得る。速攻しゲイン、
モールから直ぐに左に回す。 スタンドショートパント、そのままバックスうまくキャッチし走り込み トライ。ペナルティーから攻める姿勢がトライにつながる。
テンポのよいナイストライ。ゴール成功。
合同C19−24常翔、5点差まで迫る。
・常翔、合同Cゴール前ペナルティーから攻撃、そのまま 抜けだし常翔トライ、ゴール成功
合同C19−31常翔
・その後常翔連続攻撃となるが、合同Cよく防ぎしのぎきる。
前に出る気持ちが防御となる。後半半ば過ぎまで、後半だけでは
7−7の同点、互角の勝負。
・残り10分くらいから常翔の圧力感じ始める。
常翔ゴール前ペナルティーから連続攻撃、最後は人数の余った左に回し、 バックストライ。数度の連続攻撃には耐えられず。ゴール不成功。
合同C19−36常翔
・中央付近から常翔連続攻撃、ペナルティーも含めて、攻撃を受ける。 最後は常翔余った左に回しトライ。ゴール不成功。
合同C19−41常翔。

ノーサイド

平成22年4月18日
11:00KO
於生野高校
大阪総体リーグ戦1

合同C(八尾、金光八尾、金光大阪)22対7東大阪大柏原高校で勝利。
八尾高校は1,2,3,8,10,15が出場
合同Cチームは近畿大会大阪府予選で決勝まで進んだことにより
大阪府総体においては3つに分けられたリーグ(T、U、V)の内
一番上のカテゴリーTでリーグ戦を戦います。
試合結果は下記大阪府ラグビーフットボール協会試合結果を参照して下さい。
http://www.kisweb.ne.jp/osaka-rfu/game/05koukou/kekousoutai.html

前半
・前半早々合同Cゴール前まで柏原高校に攻め込まれる、ペナルティーも含めて
約10分間攻め込まれが、ここを何とかしのぐ。結果的にここで点を与えなかった
ことが大きい。
・合同Cキックから敵陣深くまで攻め込む、合同Cペナルティーからフォワード 突っ込みトライ、合同C5−0東大阪柏原
・合同Cアラインアウトからつないで連続攻撃、インゴールにキックするが、 相手抑えドロップゴール、惜しい。但し、合同C優勢となる。
・中盤から相手キックをバックスキャッチ、連続攻撃、最後はバックス回しトライ
ゴール成功。合同C12対0東大阪柏原
前半終了間際での得点大きい
前半終了

後半
・合同Cタッチキックが出ず、柏原攻め込みバックスに回し、インゴールに キック、抑えられ柏原トライ、ゴール成功
合同C12対7東大阪柏原
ここからが踏ん張りどころ、どうなるか?不安?
・合同C柏原ラインアウトを奪いフォワード縦に連続攻撃、大きくゲイン、 最後は右に回してトライ、ナイストライ。今日一番のナイスプレー。
合同C17対7東大阪柏原
勝利が見えてくる
・柏原ゴール前タッチキックを合同Cチャージ、そのまま抑えて合同Cトライ
合同C22対7東大阪柏原

ノーサイド
合同C勝利

合同Cが強いのか、東大阪柏原が弱いのか?
今まで私立強豪グループの2番手に位置していた柏原高校も
私立強豪校との差が開いてきているとの印象を受けます。

抜け出した私立強豪グループ
引き離されたそこそこ頑張っているチーム
その他チーム
大きくは3グループに分かれている印象です

平成22年4月10日 ジャパンセブンス(2010) 3年生河本君がジャパンセブンズ2010(高校の部)に近畿選抜(12名)に選出されました。4月10日(土)に東京で行われます全国9ブロックから選出されたチームと対戦することになりました。
平成22年3月7日
13:00KO
於八尾高校
八尾高交流会 八尾高交流会は雨天のため中止となりました。
ご尽力頂きました。OBのみなさまご苦労さまでした。
平成22年2月14日12:00KO
於東大阪多目的球技場(花園第3G)
練習試合 茨木戦の一環として
八尾高主体チーム、合同Eチーム対神戸高校との練習試合が行われます。
平成22年2月7日
14:05KO
於東大阪多目的球技場(花園第3G)
近畿大会大阪府予選決勝

八尾高ラグビー部合同チームEは大阪桐蔭と近畿大会大阪府予選を 行い、0対62で敗戦でした。
前半合同E0対24桐蔭
後半合同E0対38桐蔭
八尾高は1,2,3,8,10,15番が先発出場でした。
みなさまの応援ありがとうございました。

前半
・10分まで、合同Eチーム果敢によくタックルに行き桐蔭の攻撃を防ぐ。
・桐蔭ラインアウトからモールを組み押し込みトライ
合同E 0−5 桐蔭
・合同E ラインアウトからモールゴール前寸前まで押し込むが押し切れず バックスに回しペナルティー取られる、惜しい。モールで約 15mおしこむ。 ここでトライ欲しかった。でもよく押し込む。
・桐蔭ペナルティーキックからラインアウト、モールで押し込みそのままトライ
合同E 0−12 桐蔭
・合同E ペナルティーから敵陣10m付近ラインアウト ノッコンでチャンス逃す
・桐蔭スクラムからバックス展開、独走をゴール前止めるも、回されトライ
合同E 0−17 桐蔭
・合同E桐蔭ゴール前まで攻め込む、ラインアウトからモールで押し込むが 押し込めず、もう少し、惜しい
・桐蔭合同Eのミスを突き独走、結局、桐蔭ラインアウトからモールそして連続攻撃 バックスに回しトライ
合同E 0−24 桐蔭25分過ぎからトライ2本取られたのが大きい。

後半
・合同Eスクラムからフォワード攻撃連続、その後モールにして約10m押し込む ゴール前まで進むが、アクシデンタルオフサイド、押し切れず、
・桐蔭徐々にバックスでのラインブレイク出始める。
・桐蔭連続攻撃、最後はバックス抜けトライ
合同E 0−29 桐蔭
・桐蔭波状攻撃 フォワード抜けだしトライ
合同E 0−36 桐蔭
・合同E敵陣スクラムから抜け出しゴール前5m付近まで進む、
フォワード押し込むが、押し切れず、 ゴール前で押し切れないところ、押し戻すところ、実力差か?
・以後、桐蔭4番、2番がラインブレークし始める
・桐蔭トライ
合同E 0−43 桐蔭
・合同Eも連続攻撃、5回程度連続ボール奪取で攻撃するが、そこまで
・合同Eハイパント、相手バックスに取られ、そのまま走られ桐蔭トライ
合同E 0−50 桐蔭
・桐蔭トライ
合同E 0−55 
・合同E敵陣スクラムから攻撃、抜けだしゴール前、フォワード戦挑む、 八尾応援席の大きな声援もむなしく、押し切れず、ペナルティー取られる。 でも惜しかった、ゴール前1m程度。、
・桐蔭 トライ
合同E 0−62

合同Eチーム、タックル、モールでの攻撃、健闘するも
前半終了間際から桐蔭のそつないプレー、核となる選手の突破など
完敗でした。

平成22年1月31日
12:10KO
於同志社香里高校
近畿大会大阪府予選準決勝 合同E(八尾、金光八尾、金光大阪)27 対 17大阪産大附属高校で勝利、決勝戦に進む。
前半合同E22対0大阪産大附属高校。

前半合同E22対0大阪産大附属高校
後半合同E5対17大阪産大附属高校

八尾は1,2,3,8,10,15が先発で出場

@前半
・開始早々合同Eペナルティーからショット成功
合同3対0大阪産大附属高校
幸先いいスタート
・合同Eペナルティーからタッチキック、ラインアウトのボールを獲得
そのまま、モールで押し込み合同Eトライ、ゴール成功
合同E10対0大阪産大附属高校
・中央付近産大攻撃を防ぎ合同Eターンオーバー
そのまま、モールで約30m進み、ゴール前からサイド突っ込み
合同Eトライ、左隅の難しい場所からのゴール成功
合同E17対0大阪産大附属高校
・その後、産大附属合同Eゴール前まで攻撃するが、合同E良く防ぎ
こぼれたボールをキック、敵陣深くまですすむ。
ここで、点を与えなかったのは大きかった
・合同Eペナルティーキックからタッチキック、ラインアウトのボールを獲得
少しもみ合ったが、押し込みトライ。ゴール不成功
合同E22対0大阪産大附属高校
前半終了近くでのこのトライ大きい
合同Eの圧力負けてない、勝利が見えてくる。

A後半
・合同E連続攻撃から攻め込み、中央付近から右に回す
15川本ラインブレーク、そのまま約40m走りトライ、ゴール不成功
合同E27対0大阪産大附属高校
・その後産大附属高校の攻撃始まる。
相手連続攻撃を自陣で防ぐがちょっとした気持ちのゆるみから
相手一人にするするっと抜けられトライ許す、ゴール不成功
合同E27対5大阪産大附属高校
・合同E自陣深くから産大附属高校ラインアウトからボール獲得
その後モールで押し込みトライ、ゴール不成功
合同E27対10大阪産大附属高校
・波に乗る産大、その後も攻撃続く、産大の連続攻撃多分10回
くらいモール及びラックの連続奪取、最後は合同D自陣で回されトライ奪われる
ゴール成功
合同E27対17大阪産大附属高校
・少し気の緩んだ合同E、気合いを入れ直し、10分弱膠着状態
そのまま、ノーサイド

合同E27対17大阪産大附属高校

平成22年1月24日
12:10KO
於常翔学園高校グランド(旧大工大高G)
近畿大会大阪府予選2回戦 合同E(八尾、金光八尾、金光大阪)15対3淀川工科高校で勝利でした。

前半 10-3
後半 5-0
平成22年1月17日12:10KO
於 万博球技場
近畿大会大阪府予選1回戦 合同E(八尾、金光八尾、金光大阪)40−5桜塚高校
で勝利でした。
八尾高校は1番、3番、4番、8番、10番、15番が出場
前半
合同Eゴール前から突っ込みトライ、G成功
合同E7−0桜塚高校
合同Eスクラムから連続攻撃バックスに回してトライ、G不成功
合同E12−0桜塚高校
合同Eゴール前からフォワード押し込みトライG成功
合同E19−0桜塚高校
後半
桜塚にゴール前付近まで攻め込まれるがボール奪いバックスに回してトライ、G成功
合同26−0桜塚高校
合同Eゴール前ペナルティーから突っ込みトライ、G成功
合同33−0桜塚高校
桜塚合同Eゴール前ペナルティーから突っ込みトライ、G不成功
合同33−5桜塚高校
合同E相手ゴール前からフォワード連続攻撃押し込みトライ
合同E40−5桜塚高校

平成22年1月4日
於 金光大阪

練習試合 vs 金光大阪OB 
AチームvsOB
5―17
2試合目
BチームvsOB
21―33
3試合目
AチームvsOB
14―5
4試合目
CチームvsOB
0―48
平成21年12月29日
於金光八尾高校
練習試合 vs 金光八尾OB  【金光八尾高校グランド
平成21年12月23日10:00KO
於金光八尾高校
練習試合 vs 合同(藤井寺・四天王寺羽曳丘・富田林・大塚)
1試合目12-5で勝利
2試合目26-0で勝利
平成21年11月 新キャプテンキャプテン 新チームのキャプテンが舩倉君、ファワードに決まりました
平成21年9月27日 12:20KO
於 布施高校
全国大会大阪府予選2回戦 全国大会2回戦は15名での出場が無理であることから(部員16名中大きな負傷者3名)棄権となりました。

戦わずして敗れ去った3年生の思いは察するに余りあります。
OB会として『現役の部員数を如何に増やすか』真剣に考えて行きたい思います。

下記は小林先生から頂いたメールをご連絡致します。

2回戦の大産大附属高校戦は、棄権することになりました。
22日(火)に16名しかいないチーム状況の中で大きな負傷者が3名いることから、2回戦へ出場するかどうかを部員みんなで考えさせました。
最終的には、3年生の思いを委ねた結果、棄権の道を選ばざるを得ませんでした。
3年生の出場したい強い気持ちがわかるだけに悔し涙が止まりませんでした。
その間、私自身も大変悩み苦しました。
24日午後、私自身が「断腸の思い」で高体連に棄権の連絡を入れました

平成21年9月20日 AM10:00KO
於 東住吉総合高等学校
全国大会大阪府予選1回戦 八尾高校21 対 17東住吉総合高等学校 で勝利でした

前半
・八尾自陣よりバックス攻撃、15川本抜けだし独走トライ ゴール成功
八尾7−0東住吉総合高校
・八尾敵陣まで攻め込み、バックスフォワード流れ込み八尾トライ、左隅からのゴールキックも成功
八尾14−0東住吉総合高校
・前半終了間際、東住吉総合高校ラインアウトからモール攻撃、そのまま押し込み東住吉総合高校トライ、ゴール成功。
八尾14−7東住吉総合高校

後半
・東住吉総合高校ペナルティーからキック、その後のラインアウトからモール攻撃、押し切ってトライ、ゴール不成功
八尾14−12東住吉総合高校
東住吉のモール攻撃に八尾防御できずトライ重ねられる。
・東住吉総合高校、上記トライと同様ペナルティーからラインアウト、モール攻撃で押し切りトライ、ゴール不成功
八尾14−17東住吉総合高校
・その後一進一退、八尾も再三攻撃するが、得点できず。
残り約3分で八尾連続攻撃、ゴール前のラックから左に回し、センター西岡抜けだし、中央にトライ、八尾逆転。ゴール成功。
八尾21−17東住吉総合高校
その後東住吉総合高校の攻撃を防ぎ八尾勝利でした。
春先までは、前半りーどするも後半尻すぼみの状況がありましたが、今日の試合は最後まで粘り強く戦って勝利となりました。
平成21年8月18日 PM4:00KO
於 八尾高校
練習試合 対 大阪商業大学附属高校
八尾高校14対10大阪商業大学附属高校で勝利でした。
また、 新ゴールポストお披露目試合でした。
平成21年7月31日〜8月4日 合宿 現役夏合宿は無事終了致しました。

OBの参加は
西本24期、原28期、小野60期、影浦60期、門田61期、高原61期、金原61期、片岡61期、川口61期、中井期 でした。

下記は 24期西本さんからの報告です。

●7/31(金)曇り時々雨 
7:00 八尾高出発 現役16名マネージャー2名、同行教員小林顧問、浪岡副顧問、OB7名同行 菅平イナリールホテル14:20着
15:00那賀高校(和歌山)合同練習ゲーム形式アタックディフェンスで八尾高が優勢

● 8/1(土)雨、午後から雷雨 朝ロードラン 12番人工芝Gで練習
午後20番サブGでの練習雷雨の為中止ロードランニングに変更

● 8/2(日)雨 ロードラン、雷雨の為、予定していた85番芝のGでのゲーム中止、70番サブGで練習

● 8/3(月)曇り後晴れ ロードラン、レストラン前Gで練習、午後12番人工芝Gで富山商船とゲーム40:12で勝利、夕食バーベキュー、ミーティング試合のビデオ試写会。

● 8/4(火)晴れ ロードラン 12番人工芝G最終練習ランパス、賞品授与

努力賞1年生鈴木、橋本、中平
迷走ランニング賞1年宮武
ロードラン優勝3年近田
殊勲賞3年斉藤
敢闘賞2年土井
カムバック賞赤壁キャプテン
OB特別賞61期門田
でした。

平成21年4月26日(日)
於堺東高校グランド
11:00KO

大阪総体リーグ戦2 vs合同L(東淀工・市岡・生野工・泉尾工・茨田)は
8対17で敗戦でした。
前半3対0
後半5対17
平成21年4月12日(日)
於 常翔学園(旧工大)グランド
11:00 キックオフ
大阪総体リーグ戦1

vs合同M(池田北・豊中・千里青雲・池田・履正社・大商学園)             
10対17 で敗戦でした
前半10対12
後半0対5

前半、八尾合同バックスの攻撃で2トライ奪い10対0とリードするも、前半終わりに集中力が少し切れたところで2トライ逆に奪われる。

後半、相手ゴール前に何度も攻め込むが反則などにより、得点できず。後半終わりごろ、相手バックス抜けトライ奪われる。

攻撃及び守備ともに光ったプレーがあまり見られず、まだまだ全体として、体力及びスキルが不足していると感じました

春はリーグ戦のため26日に第2戦があります。みなさまの応援お願い致します。

平成21年4月4日(土) 練習試合 今日は15分ずつの練習試合でした
八尾・住吉・花園 VS 合同C(四天王寺羽曳丘・富田林・藤井寺)
第1回5対0
第2回0対5
第3回0対7
よって5対12で負けてしまいました
(マネージャーより)
平成21年3月28日(土)
於 花園第2グランド
四条畷戦 ●14:00〜八尾現役41対12興国
平成21年2月11日(水)
於 花園第2グランド
茨木戦 12:00〜 現役試合
(八尾、住吉)合同 30対0 (西野田工科、大手前、旭)合同 で勝利でした。
13:00〜
八尾シニアOB 34対15 茨木シニアOBで勝利でした。
14:00〜
八尾若手OB 0対42 茨木若手OBで敗戦でした。
シニアOB MVPは37期永田、若手OB MVPは60期江川でした。
15:30〜 懇親会を行いました。
平成21年1月18日
KO 11:00
於 茨木高校
近畿大会1回戦

近畿大会1回戦
合同J(八尾、清水谷、住吉)5対36 茨木高校 で敗戦でした。
やはり、人数が少ないことによるチーム力の低下がかいま見られました。

平成20年12月26日 練習試合

八尾と清水谷と住吉の合同チーム
VS鳳高校

前半
7対7で同点
後半
5対5で同点
前半
0対0で同点
後半
10対0で勝利

平成20年12月23日 練習試合

金光八尾と金光大阪
VS
八尾と清水谷と住吉の合同チーム

第1試合 7対19  で敗戦
第2試合 7対31  で敗戦
第3試合  5対0 で勝利
第4試合  32対0 で勝利

平成20年11月16日 練習試合 八尾・清水谷合同 0対19 布施工科
で敗戦
八尾・清水谷合同 0対27金光藤蔭
で敗戦
平成20年11月 新チーム 新チームは住吉高校、清水谷高校との合同チームを結成する事になりました。当面は1月の新人戦及び4月の大阪総体まで、合同チームとして参加します。
4月の大阪総体後は合同チームは解散し、単独チームとして活動する予定です。

尚、新チームキャプテンは赤壁君(FW)に決まりました。
平成20年10月12日(日)
於 久宝寺緑地
現役激励会

現役激励会を行いました。
3年生は今後の進路に向けて、1,2年生は新チームで頑張って下さい。尚、保護者のみなさまには大変お世話になりました、ありがとうございました。
また、2年前にドイツの転勤した40期松岡君が顔を出してくれました、今年から日本人主体のクラブチームに所属し、ラグビーを始めたそうです。「ドイツ人は体は大きいものの、スクラムは負けません」との言でした。

平成20年9月21日(日)
KO10:00
於 常翔学園河川敷グランド(旧大阪工大河川敷グランド)
全国大会2回戦

八尾高校5−83常翔学園
前半八尾高校5−33常翔学園
後半八尾高校0−50常翔学園
で敗戦でした。
前半は低いタックルなどで食い下がり、1トライを奪いましたが、後半は力負けでした。これで3年生(61期)は引退です。
みなさまの応援ありがとうございました。

トライシーン
常翔陣地内で八尾スクラム、左に回し江川君抜けだしラック、その後左に回しバックスうまくつなぎ西岡君トライ

平成20年9月14日(日) KO11:00
於 藤井寺高校
全国大会1回戦 八尾高校38対7箕面自由学園高校
で勝利でした。
平成20年8月18日 練習試合

八尾VS富田林
1本目  5対0で勝利
2本目  17対0で勝利
3本目  26対0で勝利

平成20年7月31日〜8月4日
於 菅平・イナリールホテル
現役夏合宿

平成20年7月31日〜8月4日に現役夏合宿をおこないました。みなさまのご協力ありがとうございました。

●優秀選手
・MVP 1年生小林君SH、SO
SH、SOとして試合での活躍等が認められました
・殊勲賞 3年戸田君
合宿全般を通しての頑張りが認められました。
・敢闘賞 1年生(小林君以外全員) 河本、船倉、土井、峰平君
初めての合宿で大きく成長しました。
・技能賞 3年生片岡SO、金原CTB、2年生西岡FB
合宿中バックスの展開で多くのトライを奪いました。
・OB特別賞60期影浦
今春卒業60期、現役とのつなぎ役、小林監督のサポート役としても大活躍でした。

●試合結果(コメントは33期山本)
8月1日 
・八尾vs専大附属
1本目 7対0 勝利
2本目 14対0 勝利
3本目 17対0 勝利

8月2日
・八尾vs倉敷工業
前半 12対10
後半  7対10
トータル 19対20 敗戦
八尾はチームとしてトライ奪うも、相手の単発な攻撃に対して八尾タックル甘く、何本かトライを奪われる。相手走り出す前のタックルがポイント。
・八尾vs倉敷工業 B戦
20対0で勝利
八尾はリザーブ少なく、ほぼA戦と同メンバー、相手はリザーブ主体のため勝利。八尾もリザーブ主体のチームが組めないことが残念。

8月3日 午前
・八尾vs星林
ハーフのみ 17対0 勝利
八尾フォワードモールでのトライ、バックス展開のトライなどで勝利。
八尾vs富山商船
ハーフのみ 0対0 引き分け
両チームとも相手ゴール前まで進むも決定力無く引き分け。

8月3日 午後
・八尾vs埼玉栄
ハーフのみ 40−5 勝利
チーム力に差があり、八尾バックス攻撃などチーム攻撃として6トライ圧勝。3年江川君のゴールキックよく決まる。
・八尾vs高槻、市立合同チーム
14対0 勝利
お互い気持ちの入ったナイスゲーム。八尾ゴール前の相手連続攻撃を前に出る低いタックルで八尾トライ与えず、低いタックルと気持ちが勝因。合宿中ベストゲーム。
・八尾vs枚方、津田合同チーム
0−19 敗戦
ちょっとしたミスからトライを奪われ相手主導となる。その後、相手フォワード攻撃防げず、フォワードに2トライ奪われる。高槻・市立合同チーム戦での集中力が良かっただけに立ち上がりのミスのない集中力とフォワードの防御が本試合での課題。

●OB参加
23期朴、24期西本、33期山本、58期勝又、58期小林、60期景浦、60期徳原、60期篤山

平成20年7月26日〜8月4日
ニュージーランド遠征
ニュージーランド遠征 3年生中井君が大阪選抜(25名)に選出され、ニュージーランド遠征に参加しました。 公立高校からは唯一の選抜でした。
61期中井豪州遠征
平成20年4月29日
於 八尾高校
80周年試合 八尾高校 7−12 近畿大学附属高校
平成20年4月13日、20日、27日 大阪総体 大阪仰星、同志社香里、東大阪大柏原とのリーグ戦は骨折等の負傷者が多く、3試合とも棄権となりました。
平成20年4月4日
於 神戸製鋼灘浜G
12:00〜17:00
練習試合 神戸高校、膳所高校との練習試合を行いました。
平成20年3月28日
於 白浜
遠征

白浜遠征
八尾vs田辺高校
10対5
八尾vs田辺工業高校
15対0
で全部勝ちました(^o^)
(高原マネージャーより)

平成20年3月23日
於 上宮太子
14:00KO
練習試合 八尾0−27上宮太子で敗戦でした。
平成20年3月16日
於 八尾高校
15:00KO
送別試合 現役(1,2年生)12−20(本年卒業60期、59期及びその他若手)
卒業生の勝利でした。これで、60期は名実共に卒業となります。
平成20年3月16日 80周年記念事業現役へのゴールポストカバー寄付 送別試合において80周年記念事業現役への寄付としてゴールポストカバーが披露されました


平成20年2月10日
於 花園第2グランド
茨木戦 茨木戦は前日の降雪により花園ラグビー場使用不可のため中止となりました。
平成20年1月27日
於 東住吉総合高等学校
PM 1:20〜
近畿大会3回戦
(準決勝)
八尾高校0−78東海大仰星
で敗戦でした。
みなさまの応援ありがとうございました。

平成20年1月20日
於 布施高校
AM11:00〜

近畿大会2回戦 八尾高校20−8合同(大阪市立、高槻)合同チーム
で勝利でした。
前半 八尾10−8合同
後半 八尾10−0合同
平成20年1月13日
於 堺東高校
PM1:00〜
近畿大会1回戦 近畿大会1回戦
八尾高校15−7高津高校 勝利でした
(前半)
八尾ゴール前モールから押し込みトライ、ゴール不成功
八尾5−0高津高校
高津 八尾ゴール前連続攻撃最後はフォワード飛び込みトライ、 八尾何とかピンチ抜け出すチャンスあるも、ペナルティー等の反則繰り返し、 結局高津に押し込まれました
八尾5−7高津高校

後半
八尾バックスキック攻撃でインゴールにけり込み最後は金原君(2年生)
押さえてトライ
八尾10−7高津高校
バックス回し中井君(2年生)抜けだし、ちょんげりそのままボール拾いトライ
八尾15−7高津高校

平成20年1月12日
於 八尾高校記念会館
PM0:30〜
現役激励会 新人戦(近畿大会予選)に向け、保護者会主催で現役激励会が開催されました。
現役激励会
平成19年12月29日
於 八尾高校
PM2:00〜
練習試合 八尾高校34−0鳳高校(前半)
八尾高校29−0合同チーム(阪南、阿倍野、大和川)
八尾高校22−0鳳高校(後半)
平成19年11月23日 八尾ラグビーカーニバル 八尾24−0金光八尾
平成19年11月18日 練習試合 八尾35−0少路.豊中.池田北の合同
八尾28−10刀根山
八尾12−0大手前

平成19年9月16日
於 池島高校
12:00 KO

全国大会1回戦

八尾高校12−20汎愛高校
前半八尾高校7−15汎愛高校
後半八尾高校5−5汎愛高校

前半開始早々バックス抜けだし八尾トライ7−0
前半中盤より汎愛優勢に試合を運び
2トライ、1ペナルティーゴールを奪われました
八尾7−15汎愛で前半終了
後半汎愛1トライでリードを広げられ
終了間際に八尾1トライ奪うも
八尾12−20汎愛で敗戦となりました。
3年生はこれで引退となります。ご苦労様でした。

平成19年9月9日12:00〜 現役激励会 久宝寺緑地ファミリー広場にて現役激励会を実施致しました。
平成19年9月2日
於 同志社香里
練習試合 八尾高校A 7−5 淀川工科高校A
八尾高校B 0−12 淀川工科高校B
平成19年8月10日〜14日
於 菅平高原つばくら館
合宿

8月10日〜14日菅平において合宿を行いました。

練習試合結果
11日 対千葉東高校 敗戦
12日 対土佐塾 勝利
13日 王寺工業 勝利
13日 立教新座高校 敗戦

平成19年7月30日 練習試合 八尾14−5池島
八尾40−0vs王寺工
B戦
八尾19−0池島
八尾v32−0王寺
(2年生高原マネージャーより)
平成19年7月1日 OB総会 八尾Aチーム14対29若手OBチーム
八尾Bチーム12対20シニアOBチーム
平成19年6月24日
於 汎愛高校
練習試合 八尾vs汎愛7対7
八尾vs大手前7対0
八尾1年生vs汎愛1年生0対0
八尾1年生vs大手前1年生0対15
平成19年6月3日
於 花園第2G
伝統校大会 八尾10−0北野
八尾大手前1年生連合7−7生野北野1年生連合
八尾5−0富田林
平成19年5月3日〜5日
於 天理教高G、天理大学G,白川G
天理遠征 本年も5月3日〜5日天理遠征を行いました。

5月3日
八尾vs奈良合同 7対0 で勝利
八尾vs奈良高専 5対12 で敗勢
八尾vs日生第一 33対0 で勝利
5月4日
八尾vs奈良工業 17対7 で勝利
八尾vs和歌山工業 7対0 で勝利
八尾vs近大和歌山 28対0 で勝利
5月5日
八尾vs天理教校 0対15 で敗戦
八尾vs奈良工業 0対5 で敗戦
平成19年4月29日
於淀川工科高校
(旧淀川工業高校)
KO 14:00
大阪総体
リーグ戦3
八尾7−14淀川工科高校で敗戦でした。
平成19年4月22日
於 同志社香里高校
KO 11:00 
大阪総体
リーグ戦2
八尾36−0合同B(東淀工・生野工・泉尾工・市岡・金光藤蔭)で勝利でした。

平成19年4月15日
於 東住吉総合高校
(旧東住吉工業高校)
KO 10:00

大阪総体
リーグ戦1

八尾14対34東住吉総合高校で敗戦でした
前半八尾14対12東住吉総合高校
後半八尾0対22東住吉総合高校
前半は八尾フォワードバックス一体となった攻撃で2トライを奪いました、一方東住吉もラインアウトからのモール攻撃で2トライ。
後半東住吉が得意のモール攻撃を主体に4トライを奪い敗戦でした。

平成19年4月1日
練習試合

八尾22vs19神戸高校で勝利でした。
(20分*3回)

(マネージャー高原さんから)

平成19年3月28日
白浜遠征
田辺市新庄総合グランドにて白浜遠征が行われました。
八尾0対15vs富山工A 敗戦
八尾15vs0富山工B 勝利
八尾5vs5富山工A 引き分け
八尾15vs5富山工B 勝利
八尾10対15富山工A 敗戦
(マネージャー高原さんから連絡頂きました)
平成19年3月25日
9:45 KO
於 大阪国際大学
練習試合
八尾12対12(清水谷と興国の合同)引き分け
八尾15vs0(津田と四条畷の合同)勝利

(1年生マネージャー高原さんから連絡頂きました)
平成19年2月12日
練習試合
八尾高14−12向陽高校
平成19年1月21日
13:20 KO
於 万博運動場
近畿大会
2回戦

八尾5−55大阪桐蔭で敗戦でした
前半 八尾5−17大阪桐蔭
後半 八尾0−38大阪桐蔭
前半ゴール前からモールでトライでした。

(以下は小林先生からです)
後半10分ぐらいまでは、桐蔭をあわてさせる事ができました。残り20分は、タックルが甘くなったところを縦へ縦へ攻め込まれました。選手達はよく頑張ったと思っています。

平成19年1月14日
13:00 KO
於 堺東高校
近畿大会
1回戦

八尾高校34−0大阪商大付属高校
で勝利でした。


 

練習計画

現役の練習計画です。(小林先生作成)


    備    考
3 1     【全日:学校開放】
3 2      
3 3 後期・期末考査        休    
3 4 後期・期末考査      軽い練習  スポーツセミナー
3 5   練習  9:00〜    
3 6   練習  9:00〜  
3 7   練習  9:00〜    
3 8   練習 12:00〜         【午前:学校開放】大阪総体:抽選会
3 9   練習  9:00〜    
3 10   練習       答案返却日・H・R
3 11   練習  9:00〜          
3 12   練習  9:00〜  
3 13   練習  9:00〜         進級判定会議
3 14   練習校舎内立入禁止 後期・終業式(合宿前検診)
3 15   練習 11:30〜 校舎内立入禁止   サッカー:am試合
3 16   送別試合    校舎内立入禁止   【59・60期卒業生】 15:00キックオフ
3 17          休   登校禁止   入学者選抜
3 18          休   登校禁止   (学校外:個人練習)
3 19          休   登校禁止   (学校外:個人練習)
3 20 合同練習  9:00〜(近大附属高)        校舎内立入禁止 【八尾高G】
3 21          休   登校禁止   (学校外:個人練習)
3 22   練習  9:00〜           校舎内立入禁止  硬野:pm試合
3 23  練習試合 vs 上宮太子高   【上宮太子G】  14:00キックオフ予定
3 24   練習 10:00〜 (個人練習)     合格発表(10:00)登校(13:00)
3 25   練習  9:00〜 サッカー:pm試合
3 26   練習  9:00〜              硬野:pm試合
3 27   練習  9:00〜 サッカー:pm試合
3 28   日帰り和歌山遠征   和歌山・白浜(田辺) 硬野:pm試合
3 29          休            
3 30   合同練習予定 (未定)   硬野:全日試合
3 31   練習  9:00〜   サッカー:pm試合

    備    考
4 1   練習  9:00〜      
4 2   練習  9:00〜    
4 3   練習  9:00〜      
4 4 練習試合 vs 兵庫・神戸高:滋賀・膳所高   【神鋼灘浜G】 12:00キックオフ予定
4 5          休           【午前:学校開放】
4 6   練習 12:00〜     【午前:学校開放】(スクール6年!)
4 7   練習  9:00〜    
4 8   練習           始業式・対面式
4 9   練習 1・2年課題考査 3年実力考査
4 10   練習            
4 11   練習  
4 12   練習  9:00〜      
4 13 第63回大阪総体(第1戦)   東海大仰星・同志社香里・東大阪大柏原
4 14          休            
4 15   練習    
4 16   練習      
4 17   練習    
4 18   練習       
4 19   練習  9:00〜      
4 20 第63回大阪総体(第2戦)   東海大仰星・同志社香里・東大阪大柏原
4 21          休            
4 22   練習   スポーツテスト・身体計測
4 23   練習   
4 24   練習    
4 25   練習     スポーツテスト・身体計測(予備)
4 26   練習 12:00〜     【午前:学校開放】
4 27 第63回大阪総体(第3戦)   東海大仰星・同志社香里・東大阪大柏原
4 28          休            
4 29 創部80周年 記念試合・祝賀会   八尾高校G (全日)
4 30          休